表面がザラザラしている化粧スレート|習志野市


習志野市のお客様より「屋根が変色してきたのでそろそろ塗り替えた方が良いか見てほしい」とご相談をいただき、屋根の調査を行いました。屋根材は化粧スレートです。化粧スレートも経年により劣化してきて、太陽光や紫外線、風雨の影響により塗装が剥がれてきます。塗装が剥がれてくると化粧スレートの防水性が低下してくるので雨水や湿気を吸収し藻や苔、カビが屋根上に発生してしまいます。これらは水分を好みますので放置してしまうと徐々に範囲が拡大し、屋根一面が変色してしまうのです。このように塗装が剥がれてしまうと化粧スレートの耐久性が低下してしまい、割れや反りなどの不具合が発生しますので塗装によって保護する必要があります。
DSC_6529_R
DSC_6527_R
写真のように屋根が藻や苔、カビの影響でオレンジ色になってしまうと屋根表面がザラザラしてきます。また、下地が露出している部分もあります。化粧スレートは傷みが進行してしまうと、塗装での保護では塗料の耐用年数が期待できなくなり、いくら良い塗料を塗っても数年で剥がれてくる可能性が極めて高くなります。屋根の寿命はお家の寿命に関わりますので、チョーキング現象や色褪せが発生したら塗り替える事で耐久性や美観の保持に繋がり寿命も延ばす事ができます。お客様には塗り替え時期だという事をご説明し屋根塗装工事をご提案しました。
DSC_6535_R
DSC_6593_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_5505

「周りに緑が多く、屋根の瓦の下などに毎年のように巣を作られてしまうので何とかしてほしい」と八千代市保品のお客様からご相談を承りました。詳しくお話を聞きますと、瓦と軒の間を塞いでいる面戸が壊れてしまって鳥の侵入を許すようになってしまったそうで...........