船橋市で台風24号で屋根瓦が飛散、現地調査から屋根葺き直しをご提案

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

瓦屋根の調査

瓦
瓦
ご覧の通り、瓦屋根が捲れてしまっています。このまま放置されてしまうと、落下してしまうので早めの工事をオススメ致します。幸いにもこちらの瓦は落下していませんでしたが当然、下地も見えてしまっているので雨漏れも心配になってきます。日本瓦屋根の耐用年数は一般的に50年~80年ですが、台風被害の様な想定外な事態はどうする事も出来ません。適切な対応、適切な工事をご提案させていただきたいと思います。

瓦屋根の下地

瓦
瓦
次に、瓦屋根の下地の確認を致しました。中に防水紙を敷いています。経年劣化によって不具合が発生してきてしまいます。防水紙の耐用年数は15年~20年ですが、15年目途で交換工事をされる事をオススメ致します。今回、瓦屋根が捲れてしまった事で、その下の防水紙を傷つけてしまい穴が開いてしまっている状況でした。そのまま放置してしまうと雨漏れの原因になってしまいます。お客様には状況をご説明致しました。部分的に工事してもその後が心配なので瓦屋根を全て葺き直しをし、防水紙の交換をご提案させていただきました。

仮補修致しました。

瓦
簡易的でしたが、瓦を元の位置に戻させていただきました。割れてしまって瓦は防水テープで補修しましたが、長くはもちませんので、早めの工事をおすすめ致します。屋根調査、屋根工事のご相談は街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせ下さい。調査、お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

四街道市でスーパーガルテクトによる葺き替え工事とラジカル制御型塗料での屋根塗装実施

スレート屋根の葺き替え前
スーパーガルテクトの葺き替え完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根塗装
使用素材
大屋根:スーパーガルテクト(Sシェイドチャコール) 下屋:ファインパーフェクトベスト(ダークグレー)
築年数
築35年
建坪
保証
葺き替え10年 塗装10年
工事費用