船橋市金杉で強風により棟板金が飛散、塗装も剥がれているので棟板金交換と屋根塗装で解消


船橋市金杉で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は化粧スレートです。「強風で屋根の板金が飛んで庭に落ちていたので、屋根の状態を点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。落ちていたものを見せていただくと棟板金であることが分かりましたので、梯子を使い屋根に上がり点検を開始します。棟板金は主にスレート屋根の頂上部分に設置されています。頂上部分は山状になっているので、風の影響を受けやすく強風や突風などの風害に遭いやすい箇所になります。
船橋市金杉で強風の影響により棟板金が飛散
船橋市金杉で棟板金の釘の浮き、釘の錆び
棟板金は下地材の貫板に固定されていますが、貫板が露出した状態のままですと雨水が防水紙を傷め雨漏りの原因になってしまいますので新しい棟板金に交換する棟板金交換工事が必要になります。飛散していない箇所を調べると、棟板金を留めている釘が錆び、浮いているのが分かります。このような状態ですと、棟板金を固定する力が低下していますので、今回飛散していない箇所も飛散してしまう恐れがあります。ですから、部分的に飛散しても屋根全体の棟板金を交換する事で、飛散する心配も無く安心して生活できますので、一部が飛散しても屋根全体の棟板金の交換を推奨します。
船橋市金杉で棟板金を留めている釘の錆び
船橋市金杉で棟板金の釘の浮き
棟板金だけで無く、屋根塗装も劣化しています。塗膜が剥がれ苔や藻、カビが発生しておりオレンジ色に変色しており表面はザラザラした状態です。スレートは塗膜が剥がれてしまうと防水性が低下し雨水を吸収しやすくなるので、水分を好む苔などが発生してしまうのです。
DSC_8722-e1548589206351-columns1
苔などが発生し、防水性が低下するとスレートの耐久性の低下に繋がり割れや反りなどの不具合が発生してしまいます。屋根塗装は定期的に塗り替える事で防水性や耐久性の保持に繋がりますので、屋根が色褪せてきたり、10~15年を目安で塗り替える事を推奨します。棟板金が強風の影響により飛散してしまったこちらのお客様邸は屋根塗装の塗り替え時期になりますので、屋根全体の棟板金交換をしてから屋根塗装を行う事でお家の寿命を延ばす事に繋がり、安心して生活できる事でしょう。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市緑区鎌取町にて強風で剥がれた棟板金を交換、何とお車にも二次被害が…

棟板金が剥がされたスレート屋根
棟板金交換後のスレート屋根
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム製棟包
築年数
築14年
建坪
保証
工事費用
施工事例

船橋市東船橋で台風で飛散した棟板金を新しいものへと交換

強風で棟板金が剥がされたスレート屋根
棟板金を交換したスレート屋根
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板製製棟包
築年数
築14年
建坪
保証
工事費用
施工事例

四街道市物井で棟板金の釘の緩みをきっかけに樹脂製貫板を使用して棟板金交換

棟板金交換前のスレート屋根
棟板金交換竣工
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板製棟包(棟板金),樹脂製貫板
築年数
築16年
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

船橋市東船橋で台風で飛散した棟板金を新しいものへと交換

強風で棟板金が剥がされたスレート屋根
棟板金を交換したスレート屋根
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板製製棟包
築年数
築14年
建坪
保証
工事費用
施工事例

船橋市小室町で屋根・外壁塗装とアパートの外装をフルメンテナンス

アパート塗装前
アパート塗装後
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
足場
使用素材
屋根塗装:シリコンベスト,外壁塗装:パーフェクトトップ
築年数
20年
建坪
保証
屋根塗装10年 外壁塗装10年
工事費用
施工事例

船橋市三咲の倉庫にてリフレアルーフⅡによる屋根カバー工法で大波スレートを保護

大波スレートの経年劣化
屋根カバー工法完了
工事内容
屋根カバー工事
工場・倉庫などの外装リフォーム
使用素材
MSリフレアルーフⅡ
築年数
築20年以上
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

千葉市緑区土気町で棟板金交換工事

千葉市緑区土気町で行った棟板金交換工事の様子をご紹介します。「2階の窓から下屋根の棟板金の釘が浮いているのを発見したので、屋根全体の棟板金を点検してほしい。」と、お問い合わせをいただき調査したところ、釘の浮きが多数見られましたので棟板金交換...........