船橋市本中山でスレートの欠けや割れ、屋根葺き替えか屋根カバー工法で解消


船橋市本中山で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は化粧スレートです。「庭に屋根材の欠片のようなものが落ちているのですが点検してもらえますか。」と、お問い合わせをいただきました。屋根のメンテナンスは15年前に塗装を行ったという事で、経年により塗装が剥がれており防水性が低下しています。防水性が低下すると雨水を吸収しやすくなるので苔や藻、カビが発生してしまいます。耐久性の低下に繋がりますので定期的に屋根塗装を行うよう心掛けてください。
船橋市本中山で化粧スレートの塗装が剥がれ苔や藻、カビが発生
船橋市本中山で化粧スレートや棟板金の塗装が剥がれ防水性が低下しています
防水性が低下すると雨水を吸収しやすくなるのでスレートは膨張します。膨張したスレートは太陽光や風により乾燥される際、収縮する動きが生じます。この膨張と収縮を繰り返す事により、スレートに負荷が掛かるので欠けや割れなどの不具合を起こしてしまうのです。
船橋市本中山で化粧スレートのひび割れと欠け
船橋市本中山で化粧スレートの素地の露出
船橋市本中山で化粧スレートの塗膜が剥がれ防水性や耐久性が低下しています
スレートの欠けや割れは屋根全体に見られます。苔や藻が発生する前や、屋根の色が色褪せてきた時期などに定期的に塗装メンテナンスを行う事でスレートの耐久性は保持できますが、メンテナンス時期が遅くなればなるほど耐久性が低下するので不具合が発生してしまうのです。傷みが進行したスレートは欠けや割れを補修して塗装メンテナンスを行っても、表面しか塗装が出来ないので、メンテナンス後にすぐひび割れてくる危険性があります。裏面や、スレートとスレートが重なっている部分は塗装が出来ないからです。ですから、ランニングコストを考慮すると傷みが進行したスレート屋根は、屋根葺き替え屋根カバー工法が費用対効果の高いメンテナンスになります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_5505

「周りに緑が多く、屋根の瓦の下などに毎年のように巣を作られてしまうので何とかしてほしい」と八千代市保品のお客様からご相談を承りました。詳しくお話を聞きますと、瓦と軒の間を塞いでいる面戸が壊れてしまって鳥の侵入を許すようになってしまったそうで...........