船橋市二和東の瓦屋根調査、漆喰の劣化による剥がれ棟瓦取り直し工事で改善


【瓦屋根調査】

船橋市二和東 瓦屋根調査
船橋市二和東 漆喰の浮き
船橋市二和東にお住まいのお客様より「屋根に瓦の欠片の様なものがある」と、屋根の状態が心配になり調査のお問い合わせをいただきお伺いいたしました。
屋根にある欠片の原因を調査し、最善の工事をご提案させていただきます。
船橋市二和東 漆喰の剥離
欠片の正体は、棟瓦に詰められている漆喰と麻土が剥がれてしまった事で、屋根に剥がれ落ちてしまった事が原因です。
棟瓦は、屋根瓦では覆いきれない屋根上部に棟瓦を設置する事で、屋根内部への雨水の浸水を防ぐ役割があります。漆喰と麻土は、棟瓦の土台として使用されています。
経年劣化による傷みと地震による傷みが蓄積する事で、漆喰と麻土が剥がれてしまう原因に繋がります。
漆喰と麻土の状態が悪化してしまうと、棟瓦が崩れてしまい雨漏りの原因や瓦の落下による二次被害へと繋がる恐れがありますので早期棟瓦の工事が必要です。

【瓦屋根工事のご提案】

船橋市二和東 漆喰の剥がれ
お客様に屋根調査のご報告し、必要な工事をご説明をいたしました。工事として、棟瓦を解体し漆喰・麻土を除去し新しく漆喰で土台を作り、棟瓦を戻す「棟瓦取り直し工事」を行う屋根工事になります。
瓦屋根調査・瓦屋根工事は、街の屋根やさんにご相談ください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_5505

「周りに緑が多く、屋根の瓦の下などに毎年のように巣を作られてしまうので何とかしてほしい」と八千代市保品のお客様からご相談を承りました。詳しくお話を聞きますと、瓦と軒の間を塞いでいる面戸が壊れてしまって鳥の侵入を許すようになってしまったそうで...........