船橋市にて軒天の木材が剝離し飛散、原因は破風板の経年劣化でした

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

軒天の調査をいたしました

軒天
軒天
船橋市にて軒天の調査をいたしました。日本瓦を載せているお宅で築30年ほどです。棟瓦廻りの漆喰もとてもキレイな状態でした。こちら軒天部は木材(ベニヤ板)を使われて、見た目が良く、こだわりを感じます。しかし、デメリットとして軒天の内部に湿気がたまりやすく換気が悪いところです。完全に雨水が侵入し木材ですので剝離している状態でした。このまま放置されると飛散の原因になります。見た目だけではありません。

破風板の状況

破風板
破風板
赤茶色の長い木板の事を破風板と言います。以前塗装されている塗膜が剥離していてこちらも完全に雨水を吸っていました。破風板は屋根裏に風が侵入させないためのもので、横殴りの雨水などを防止するものです。木製ですので雨水に弱いですので、こまめにメンテナンスが必要です。
破風板
破風板が劣化している真下の軒天のみが激しく剝離していました。原因として、破風板の経年劣化によるもので雨水が降ると軒天にも水が廻る事でした。お客様にご提案として、破風板に(さびにくいガルバリウム鋼板)板金貼り付け破風板金工事、軒天は木材から不燃性のケイカル板(通気性がある)に変更工事のご提案をいたしました。こちらの工事の内容で軒天の剝離を防げます。屋根のことなら、ご気軽にご相談下さい。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

DSC_2066_R

千葉市緑区のお客様より「1階の天井から雨漏りがしているので困っている」とご相談をいただき、調査を行いました。雨漏り箇所にご案内していただくと、天井のクロスが捲れており周辺にも染みが出来ています。このままですと天井材が腐食してしまい、抜け落ち...........