船橋市にて小波スレート屋根が飛散、金属カバー工事のご提案

【台風21号、台風24号で被災された方へ10/25更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

小波スレート屋根の調査をいたしました

小波型スレート屋根
小波型スレート屋根
先日の台風で屋根材の小波型スレート屋根が飛散されていました。工場などでよく使われている材料で、セメントと繊維を圧縮し波型にした板の事です。アスベスト含有材で、耐用年数は25年前後と言われています。定期的にメンテナンスをすれば長年もってくれる屋根材です。小波型スレート屋根、3枚と棟材が飛散されていましたが、これも小波型スレート屋根の特徴で台風なのど強風でも、部分的な飛散なので、最小限で済むところです。他にも耐火性があり燃えにくいものですし、遮音性などもあります。ですが、このまま放置されると雨漏れは止まりませんし、鉄部の腐食も進行してしまいます。

工事のご提案

小波型スレート屋根
小波型スレート屋根
屋根材全体的に経年劣化されていました。アスベスト含有の古い小波スレート屋根材なので汚れや苔やカビが付きやすいところもあります。お客様には、状態のご説明をいたしました。工事内容のご提案として、高所作業になりますので、仮設足場設置、小波型スレート屋根の部分新規交換、その上に新規の金属カバー工事(ガルバリウム鋼板)のご提案をいたしました。

最後に

小波型スレート屋根
ケラバの屋根材は以前から無い状態でしたそうなので、余計に台風にあおられての飛散だったと考ええられます。やはり定期的な調査は必要ですし、メンテナンスも大事です。屋根の事ならご気軽にご相談下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

四街道市でスーパーガルテクトによる葺き替え工事とラジカル制御型塗料での屋根塗装実施

スレート屋根の葺き替え前
スーパーガルテクトの葺き替え完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根塗装
使用素材
大屋根:スーパーガルテクト(Sシェイドチャコール) 下屋:ファインパーフェクトベスト(ダークグレー)
築年数
築35年
建坪
保証
葺き替え10年 塗装10年
工事費用