船橋市で台風の影響により棟板金が飛散、早期に棟板金交換を


「台風の強風で飛んだ棟板金が庭に落ちていた。屋根の状態が心配なので点検してほしい。」と、船橋市のお客様よりお問い合わせをいただきましたので化粧スレート屋根の調査を行いました。主に化粧スレートの棟部分に設置されている棟板金は、屋根の頂上部分にありますので風の影響を受けやすく、台風などの強風や突風の被害に遭いやすい場所になります。棟板金が飛散してしまうと、ご近隣の建物に被害を与えてしまったり、落下した板金が人に当たってしまい人身事故に繋がる危険性があります。
棟板金の内部には下地材として貫板が設置されています。貫板は上部から釘で留められており、棟板金を被せて固定する際には横から貫板に釘で固定しています。貫板は新築時には木製のものを使用している事が多く、経年劣化により腐食してしまう事で棟板金を固定する力が低下し強風や突風により飛散してしまうのです。
DSC_2231_R-1
DSC_2230_R
棟板金の飛散は雨漏りの雨漏りの原因になりますので早期対応が必要です。スレートとスレートが接合する部分はどうしても隙間ができてしまうので棟板金で覆っているのですが、飛散してしまう事によりスレートの下に設置してあるルーフィング(防水紙)が露出してしまいます。ルーフィングの耐用年数は約20年と言われていますが、露出してしまう事により太陽光や紫外線、雨水などに晒されてしまうと劣化が進行してしまいます。劣化が進行すると穴開きや捲れなどの不具合が発生し、雨水が屋根内部から躯体を伝い建物内部へと浸入し雨漏りが発生してしまうのです。
DSC_2268_R
DSC_2271_R-1
お客様には調査のご報告をし、雨漏りを未然に防ぐためにも早期に棟板金交換工事の必要があるとご提案しました。
屋根調査・屋根工事のご相談は街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積は無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

船橋市高根台で剥離が始まったパミールをスーパーガルテクトで屋根リフォーム

屋根カバー工事前のスレート屋根
屋根カバー工事でスーパーガルテクトの屋根に゜
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築16年
建坪
約30坪
保証
10年
工事費用
施工事例

八街市八街で過去に部分的な葺き替えをしたコロニアル屋根に部分的な屋根カバー工事を実施

屋根カバー工事前のスレート屋根
屋根カバー工事後のスレート屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
横暖ルーフ
築年数
築40年
建坪
約28坪
保証
工事費用
施工事例

八街市八街で割れや剥がれが出ている化粧スレートを屋根カバー工法で改善

施工前の太陽熱温水器が載ったスレート屋根
太陽熱温水器を撤去、スーパーガルテクトで屋根カバー工法を行った屋根
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築32年
建坪
約39坪
保証
10年(屋根カバー工事)
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

船橋市松が丘にて波板張替工事、雨水に晒され腐食してしまった下地木材の交換も実施

波板張替工事
波板張替工事完了
工事内容
屋根補修工事
使用素材
住友ベークライト ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
なし
工事費用
9.7万円
施工事例

船橋市高根台で剥離が始まったパミールをスーパーガルテクトで屋根リフォーム

屋根カバー工事前のスレート屋根
屋根カバー工事でスーパーガルテクトの屋根に゜
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築16年
建坪
約30坪
保証
10年
工事費用
施工事例

船橋市中野木で瓦のズレと防水紙の破れを屋根葺き直しで健全に

瓦屋根葺き直し前
瓦屋根葺き直し後
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
軽量なんばん,カッパ23(防水紙)
築年数
27年
建坪
約28坪
保証
工事費用