船橋市で釘が抜けた棟板金を発見、貫板を樹脂製にして耐久性を向上します


船橋市のお客様より「最近、地面に釘が落ちている。屋根から落ちてきているかもしれないので点検してほしい。」と、ご相談をいただき点検・調査を行いました。台風の影響で暫く強風が続いていましたが、台風前までは落ちていなかった釘が玄関前に落ちていたという事です。お家の中で風の影響を受けやすい部分は屋根になりますので屋根から調査を開始します。梯子を使い屋根に上がると棟板金付近に釘が落ちているのを発見しました。お客様が心配されていた釘は棟板金を留めている釘と同様のものですので棟板金の釘が外れてしまい地面に落ちたという事になります。
DSC_2025_R
DSC_2026_R-1
棟板金は屋根の頂上にあるので風の影響を受けやすい部分です。特に台風などの強風や突風の影響を受けやすく、飛散などの被害に遭いやすい部分になります。また、地震などの揺れの影響も受けてしまいます。棟板金を固定している釘は下地材の貫板に留めています。貫板は木製のものを使用している事が多く、こちらのお客様邸も木製の貫板です。木製の貫板は経年により劣化しますので釘を固定する力が弱くなってくるので、風害などにより釘が浮いたり抜けたりしてしまうのです。

DSC_2030_R-1
DSC_2028_R
棟板金の固定する力は下地材の貫板の耐久性が重要になります。現在、下地材に使用する貫板は木製以外に耐久性のある樹脂製(タフモック)が主流になっています。樹脂製ですので腐食しないのが特長ですので、お客様には釘が抜けてしまった棟板金は飛散する危険性もあり人身事故やご近所にご迷惑をお掛けする可能性がある事をご説明し、樹脂製の貫板を使った棟板金交換工事をご提案しました。
屋根調査・屋根工事のご相談は街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積は無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根葺き替え 金属屋根 スーパーガルテクト

千葉市稲毛区にて外壁塗装と一緒に屋根葺き替え工事をしましたお客様宅です。2011年に起きた東日本大震災をきっかけに、屋根を軽くしたいと考えるお客様がとても増えました。昨今は丈夫で軽量な金属屋根=ガルバリウム鋼板をに変えたいとお問い合わせをい...........

シーリング処理されていない継ぎ目

屋根塗装をご希望していたのに以前、修理を頼んで業者が間違った修繕をしたせいで、その他の工事も必要になってしまったというケースをご紹介します。千葉市緑区にお住まいのお客様から「屋根塗装のお見積もりをお願いしたい」ということで、その調査を行った...........

錆で崩れた縁

四街道市にお住まいのお客様から「金属製のバルコニーが錆びてきて、使用するのに不安がある。点検してメンテナンスが可能かどうかも調べてほしい」とご相談を承りました。錆が出始めてからはほとんど使用されていないそうです。見た通り、金属製のバルコニー...........