船橋市で棟板金が台風の強風により飛散、防水紙が露出しているので棟板金交換工事のご提案

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

船橋市のお客様より「台風の風で屋根の部材が落ちてきたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただき。屋根調査を行いました。棟板金など屋根の部材は飛散すると、ご近隣の建物に被害を与えるほか、人身事故などの二次災害に繋がる危険性があります。
0c244e3d5c31e6bc9c8bd3bf0161f5b7
a2a4bf0aee38b7422ea96e1a989b376f
下から見上げて飛散した箇所が確認できませんでしたので、屋根に上がり調査を行うと隅棟と大棟の棟板金が外れているのを発見しました。飛散した箇所はこちらで間違いなさそうです。
0b77648d1e34ef014f540081ed3804a7
c74d5e24836bf1daa2094442aeead299
棟板金の下地材の貫板は残っている状態ですが割れている部分もあります。また、飛散した棟板金を接続していた棟板金には浮きが見られ、風の影響を受けやすい状態です。こちらの棟板金も飛散してしまう危険性がありますので早期対応が必要になります。
73537b1bfb0fc31c7355013f84969d0e
4f874325629d0472470bda14b438bbfb
棟板金が飛散した箇所は、下地材の貫板は残っていますが屋根材の下に設置してある防水紙が露出している状態です。雨水の浸入を防ぐ役割を担っていますが、太陽光や紫外線、雨水などの影響を受けると劣化が早まり雨漏りに繋がりますので、こちらも早期対応が必要になります。
お客様には調査の報告をし、飛散していない棟板金に釘の浮きや棟板金自体の浮きがある事から屋根全体の棟板金交換工事をご提案しました。早期に工事を行ない、防水紙の劣化や雨漏りを未然に防ぎます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市稲毛区でニチハのパミール(砂岩調)をアイジー工業のスーパーガルテクトで屋根カバー工事

cd11cf5ee46579c762e1484c882b0ab4
76e924344a7541338da433ee7bf51eed
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
屋根カバー
アイジー工業
スーパーガルテクト
色:シェイドチャコール
築年数
築12年
建坪
保証
10年
工事費用
117万円
施工事例

雨漏り修理、屋根カバー工事|千葉市緑区

千葉市緑区 屋根カバー工事前
千葉市緑区 屋根カバー工事後
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
横暖ルーフS(ガルバリウム鋼鈑)
築年数
築40年
建坪
保証
10年
工事費用