船橋市で棟の漆喰(しっくい)の剥がれ、瓦の飛散や雨漏りの不安を棟取り直し工事で解消


船橋市のお客様より「屋根の上にコンクリートのようなものがあり、似たようなものも庭に落ちているので屋根の点検をお願いしたい。」と、ご相談をいただき屋根の調査を行いました。お客様に落ちていたものを見せていただくと漆喰であることが分かりましたので梯子を使い屋根に上がります。漆喰は瓦屋根の棟部分にあり瓦と瓦を固定する接着剤のような役割や、建物内部への雨水の浸入を防いでいます。とても頑丈な建材ですが、棟部分は風害や地震などの揺れの影響を受けやすいのでどうしても傷んでしまいます。こちらの丸瓦と丸瓦の接合部分の漆喰も強風や突風による風害の影響で剥がれてしまったと思われます。
DSC_6979_R
DSC_6998_R
漆喰が剥がれてしまうと、剥がれた漆喰が雨樋を詰まらせる原因になってしまいます。また、瓦同士の固定する力が低下し飛散する危険性や棟瓦が落下して周りの瓦を割ってしまったりと二次被害に繋がる危険性があります。その他にも、剥がれた隙間から雨水が漆喰に浸透し劣化の進行を早めてしまい、劣化した漆喰から雨水が浸入し雨漏りの原因になってしまいます。棟の接合部分や、棟の土台になっている部分にも劣化症状が見られましたので、お客様には棟取り直し工事をご提案しました。
DSC_7001_R
DSC_7010_R
屋根調査・屋根工事のご相談は街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積は無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_5505

「周りに緑が多く、屋根の瓦の下などに毎年のように巣を作られてしまうので何とかしてほしい」と八千代市保品のお客様からご相談を承りました。詳しくお話を聞きますと、瓦と軒の間を塞いでいる面戸が壊れてしまって鳥の侵入を許すようになってしまったそうで...........