船橋市で工場の折板屋根のベンチレーターから雨漏れが発生

【台風21号、台風24号で被災された方へ10/25更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

PA310052-columns1
船橋市に大きな会社倉庫を所有しているお客様からのご依頼でした。雨が降ると屋根に設置してあるベンチレーター付近から、必ず雨漏れが生じてしまいお困りになっていました。ベンチレーターとは換気装置のことです。工場屋根では換気装置というと室内の空気の入れ替えと循環を主として設けられているものです。煙突部分には雨が入りにくく設計されていますが、大きな風を伴う雨ですと少々の雨漏れが生じてしまう事はありますが、お客様の工場では雨の強さを伴わず、雨漏れが生じてしまうそうで何か別の要因がありそうです。

PA310061-columns2
起きな工場ですので、数多くのベンチレーターが設置して在りました。元々工場などには窓が少ないので、空気の循環が出来ないため、この様に数多く設置されていることが多くあります。
PA310065-columns2
ベンチレーターは鉄製であることが多く、築年数が経つと、劣化により錆びてくることがあります。お客様の工場ではメンテナンスとして塗装が施されているため、特に大きな被害が出ているようには見えません。
PA310090-columns2
折板屋根ですので、ベンチレーター上部(水上部分)には、溝に雨水が浸入しないように屋根部分には、鉄板によりカバーが設置されています。劣化と共に少々錆が出ているため、雨漏れの原因につながりやすい場所ではあります。
PA310084-columns2
屋根はガルバリウム鋼板ですので、錆びにくくなってはいましたが、折板屋根を固定しているボルトは鉄製により錆が生じている場所が、数多く見られました、小さな穴ですが雨漏れをしやすい場所でもあります。今回の雨漏れ原因は、屋根カバーの劣化が原因で、ベンチレーターからではなかったのですが、屋根は点検を常にしていないと色々な原因が考えられます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ