船橋市で強風により飛ばされた棟板金、下地をタフモックにして固定力を強化


P7080003-columns2
船橋市にお住まいのお客様は、近年の台風や強風が大型化し、屋根の棟板金が飛ばされるのではないかと不安になっておりました。最近の近所の住宅で棟板金が飛散しているのを見ると不安が増してしまったそうです。
IMG_20180708_102016-columns2
屋根の調査では棟板金の釘抜けが多々見つかりました、数年前にメンテナンスとして屋根塗装をしたそうですが、棟板金のことなどは説明などなかったので、気にしていなかったそうです。
P7270014-columns2
今回釘抜けが多く調査時にお見受けしたので、ケイミュー製のタフモックにて補強いたします。通常は棟下地に釘で棟板金を固定していますが、下地が木製ですとどうしても劣化してしまい、釘抜けが発生いたします。この様な現象を軽減できるのが、次世代の樹脂製貫板タフモックです。
P7270022-columns2
棟板金の設置の仕方は下地が変わっても同じです。唯一、変わるとすれば、釘絞めではなくビス締めになります。釘で止めると樹脂プラスチックですので、締め戻しが無い為、木に釘を打ったよりも釘は抜けやすくなってしまう為、必ずビス打ちで固定いたします。
P7270073-columns1
棟板金は屋根の資材の中でも飛散してしまう事が多く、特に屋根塗装をしてメンテナンスをしっかりやっている方などは棟板金もメンテナンスされていると思っている方がほとんどです。ほとんどの業者は説明もしないで見てみぬふりをしていますので、飛散して初めてわかる方などが多くいます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

船橋市旭町にて樹脂製貫板を使用した棟板金交換工事を実施

棟板金飛散
棟板金交換
工事内容
棟板金交換
使用素材
プラスチック樹脂製貫板タフモック
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

八千代市上高野にて火災保険を利用して災害復旧(棟板金交換)工事を実施

棟板金飛散
棟板金交換工事
工事内容
棟板金交換
火災保険
使用素材
GL鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

千葉市花見川区検見川町にて強風で捲れてしまった棟板金を交換工事で改善

棟板金の剥がれ
棟板金交換工事完了
工事内容
棟板金交換
使用素材
樹脂製貫板、GL鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟板金のサビ、穴あき

春一番で被害が出る前に調査、メンテナンスをご希望のお客様です

棟板金の浮き調査

台風被害で棟板金が浮いてしまったお客様です。火災保険で修繕ご希望でした