船橋市で瓦屋根の台風被害、棟瓦が倒壊・飛散して雨漏り発生

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

棟瓦調査

棟瓦
鬼瓦
まず屋根に登り棟瓦の調査させていただきました。ご覧の通り、棟瓦が無くなっていました。鬼瓦のみ残っている状態でした。近くに駐車場もありましたが幸いにも車に被害はありませんでした。瓦の一枚の重さは5キロ前後ありますので今回の台風はかなりの強風だったことがわかるとと思います。

雨漏りの原因

棟瓦
棟瓦
こちらも棟瓦が飛散されている状態でした。大変危険でしたので、お客様に了解を得て棟瓦の回収を致しました。次に棟瓦の飛散で瓦が割れてしまい下地が見えている状態でした。お客様が台風の後に、雨漏りがするとおっしゃってましたが、原因は瓦の割れからの雨水浸入でした。少しの雨でも雨漏れもしてしまいまので、早めの工事をおすすめ致します。高所でしたので応急処置が出来ませんでした。屋根土も飛散してしまっていました。

工事のご提案。

棟瓦
幸いなことに、その他の棟瓦は被害がありませんでした。お客様には棟瓦の状況をご説明させていただきました。工事の内容として仮設足場の設置。屋根土からシルガード(南蛮漆喰で従来の漆喰よりも防水性が高い)に変更し棟瓦交換工事のご提案をいたしました。このように飛散状況や、雨漏れしてしまってお困りなお客様は街の屋根やさんに遠慮なくご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市緑区で軽量シルガードを使用し棟瓦取り直し・漆喰(しっくい)詰め直し工事

千葉市緑区 棟取り直し工事前
千葉市緑区 棟取り直し工事後
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
軽量シルガード
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
施工事例

八街市で、コーキング処理では止まらなかった雨漏りを棟瓦取り直しで解消

DSC_4707_R-1
22_R
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
なんばん漆喰
築年数
20年
建坪
保証
工事費用
施工事例

瓦屋根の風害、崩れた棟瓦を積み直す棟瓦取り直しで改善|千葉市稲毛区

DSC_3615_R-1
69102_R
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
軽量なんばん
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

540d16ec0ada9745c3f2cfc3608d9ae4-1

千葉市美浜区のお客様より「台風で瓦の屋根が被害を受けた。瓦が落ちていたので屋根を点検してほしい。」と、お問い合わせをいただき瓦屋根の調査を行いました。下から見上げてお客様に被害を受けた箇所をご案内していただくと棟が崩れているの事が分かりまし...........

04ba4448194f84eeea6affded4579e31

千葉市花見川区のお客様より「台風24号で屋根の状態が心配なので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただき瓦屋根の調査を行いました。梯子を使い1階の屋根に上がると漆喰が軒樋に落ちていました。漆喰はコンクリートの塊のような物ですので、落下する...........

c1e66f08d53eab36a4888906963927b1

「台風24号が通過した翌日に庭に瓦が落ちていた。」という八千代市のお客様邸の調査の様子をご紹介します。お客様に落ちてきた瓦を拝見させていただくと棟部分の丸瓦が落ちていました。瓦は飛散したり、落下すると大変危険です。人身事故などに繋がるケース...........