船橋市で瓦屋根の台風被害、棟瓦が倒壊・飛散して雨漏り発生


棟瓦調査

棟瓦
鬼瓦
まず屋根に登り棟瓦の調査させていただきました。ご覧の通り、棟瓦が無くなっていました。鬼瓦のみ残っている状態でした。近くに駐車場もありましたが幸いにも車に被害はありませんでした。瓦の一枚の重さは5キロ前後ありますので今回の台風はかなりの強風だったことがわかるとと思います。

雨漏りの原因

棟瓦
棟瓦
こちらも棟瓦が飛散されている状態でした。大変危険でしたので、お客様に了解を得て棟瓦の回収を致しました。次に棟瓦の飛散で瓦が割れてしまい下地が見えている状態でした。お客様が台風の後に、雨漏りがするとおっしゃってましたが、原因は瓦の割れからの雨水浸入でした。少しの雨でも雨漏れもしてしまいまので、早めの工事をおすすめ致します。高所でしたので応急処置が出来ませんでした。屋根土も飛散してしまっていました。

工事のご提案。

棟瓦
幸いなことに、その他の棟瓦は被害がありませんでした。お客様には棟瓦の状況をご説明させていただきました。工事の内容として仮設足場の設置。屋根土からシルガード(南蛮漆喰で従来の漆喰よりも防水性が高い)に変更し棟瓦交換工事のご提案をいたしました。このように飛散状況や、雨漏れしてしまってお困りなお客様は街の屋根やさんに遠慮なくご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

四街道市みそらでガイドライン工法による棟取り直しで瓦屋根を軽量化

棟の面戸の漆喰が劣化
乾式工法で取り直された棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
樹脂製芯木,ハイロール
築年数
築22年
建坪
保証
無し
工事費用
約45万円
施工事例

八街市吉倉で瓦屋根の棟取り直しと軒天カバー工法で屋根廻りを刷新

棟がずれた瓦屋根
棟取り直しでずれを解消した瓦屋根
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟瓦取り直し
使用素材
軽量シルガード(棟取り直し)
ケイ酸カルシウム板(軒天)
ケンエースG-Ⅱ(軒天塗装)
築年数
築26年
建坪
保証
0年
工事費用
約30万円
施工事例

八街市沖渡で経年による不安を抱えている瓦屋根を棟取り直しで安全に

棟取り直し前の洋瓦
棟取り直し後の洋瓦屋根
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
軽量シルガード,エコランバー瓦桟
築年数
築21年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

大棟との隙間が開いた下り棟

瓦というと一般的には粘土を成形して焼いたものと認識されていますが、セメントなどを成型して着色した瓦もございます。八千代市吉橋でそのセメント瓦の屋根を点検してきましたので、その様子をご紹介致します。セメント瓦は漆喰などのお手入れの他、塗装も必...........

葺き土の流出

粘土瓦の屋根は瓦自体がとても丈夫でほぼ劣化しないことから50~100年の耐用年数があると言われています。そのことから、屋根自体をメンテナンスフリーとお考えになっている方も多いのですが、漆喰などは定期的なメンテナンスが必要です。千葉市中央区白...........