船橋市で台風の強風によりアンテナが倒壊した瓦屋根を調査、瓦のズレと棟の葺き土の露出を発見

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

台風24号による被害が後を絶ちません。船橋市のお客様邸では台風24号の強風により屋根の上のアンテナが倒れ、軒先の瓦がズレてしまったという事でその屋根の点検を行いました。お客様に該当箇所をご案内していただくと、瓦が今にも落ちそうになっていました。周囲の瓦にも影響が出ており軒先の瓦がズレています。このままですと周囲の瓦同士が干渉し合い割れてしまう事や、瓦が落下して下の波板の屋根を破損させてしまったり人身事故に繋がったりと危険です。また、ケラバ部分の瓦もズレているので二次災害を未然に防ぐ為にも並べ直す工事をご提案しました。
4ba3636cacdcded9d078b1ee6d578ae2
eb3f0d76430772879d916ca26321fa20
調査を続ける大棟の漆喰が剥がれ葺き土が露出しているのを発見しました。一昔前までの棟の施工方法は葺き土を土台として、その上にのし瓦や冠瓦を積んで棟を形成し面戸部分に漆喰を詰めて雨水の浸入を防いでいました。そのため面戸部分の漆喰が剥がれてしまうと葺き土が露出してしまい雨水に晒されると浸透してしまい雨漏りの原因になってしまうのです。
3f745056d30e6ca3245b4573ab7b4a44
dc74b2707e51a4aa0c0ff4d625513047
また、雨水に晒される事で葺き土が崩れてしまい棟の崩壊に繋がりますので大変危険な状態です。棟が崩れてしまうと屋根に甚大な被害を与える危険性があります。こちらの棟取り直し工事もお客様にご提案しました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市緑区で軽量シルガードを使用し棟瓦取り直し・漆喰(しっくい)詰め直し工事

千葉市緑区 棟取り直し工事前
千葉市緑区 棟取り直し工事後
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
軽量シルガード
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
施工事例

八街市で、コーキング処理では止まらなかった雨漏りを棟瓦取り直しで解消

DSC_4707_R-1
22_R
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
なんばん漆喰
築年数
20年
建坪
保証
工事費用
施工事例

瓦屋根の風害、崩れた棟瓦を積み直す棟瓦取り直しで改善|千葉市稲毛区

DSC_3615_R-1
69102_R
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
軽量なんばん
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

8a91e99f225b6c51036dcf2c0ee1cf6d

千葉市緑区で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「強風が吹いた翌日に屋根を見たら、1階の棟の漆喰が剥がれているようなので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。屋根の棟部分は風の影響を受けやすく、強風や突風の被害...........