習志野市藤崎で化粧スレート屋根の防水性の低下が原因で苔が発生、屋根塗装で解消します


習志野市藤崎で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は化粧スレートです。「屋根の苔が多くなってきたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。苔は水分を好みますので、湿気が多くジメジメした場所に発生するイメージですが、屋根の上にも発生してしまいます。屋根材の化粧スレートは塗装で保護されており、防水性や耐久性を保持していますが、太陽光や紫外線、風雨や砂埃などの外的影響により徐々に塗装が剥がれ、防水性や耐久性が低下してしまいます。防水性が低下してしまうと、化粧スレートは雨水を吸収しやすくなりますので水分を好む苔や藻、カビなどが発生しやすくなってしまうのです。
習志野市藤崎で屋根塗装の劣化により化粧スレートが雨水を吸収しやすくなっています
習志野市藤崎で化粧スレートの防水性の低下により苔や藻の発生
屋根面の方角により、苔や藻の発生状況は異なります。一般的に陽当たりが悪く日照時間が短い北面は、乾燥しにくいので苔などが繁殖しやすい環境になってしまいます。吹き込んでスレートの下に入ってしまった雨水を排水する役割を果たしているスレートとスレートが重なっている部分は隙間が設けられていますが、この隙間を苔が埋めてしまう事により排水不良が起こります。隙間が埋められてしまうと雨水が外へ逃げられなくなり、建物内部へと浸入する事に繋がり雨漏りの原因となりますので、屋根塗装は定期的に行う事を推奨します。
習志野市藤崎で苔や藻が発生しやすい北側の屋根
習志野市藤崎でスレートとスレートの重なり部分を苔が埋めています
習志野市藤崎で外壁と下屋の取り合いの隙間を苔が埋めています
お家には排水する為の様々な隙間が設けられており、外壁と下屋の取合い部分もその一つです。こちらも、苔が繁殖しており隙間を埋めていますので放置してしまうと雨漏りの原因になってしまいます。屋根の上は高所になり一般の方は確認しにくい場所になります。下から見上げるだけでは、隙間を埋めている苔の存在を確認する事は難しいのです。屋根の塗り替え時期の目安としては、下から見上げて色褪せてきたタイミングで塗り替える事で防水性や耐久性の保持に繋がり、雨漏りを未然に防ぐ事に繋がります。ですから、お客様には調査のご報告をし、屋根塗装のご提案をしました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

船橋市小室町で屋根・外壁塗装とアパートの外装をフルメンテナンス

アパート塗装前
アパート塗装後
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
足場
使用素材
屋根塗装:シリコンベスト,外壁塗装:パーフェクトトップ
築年数
20年
建坪
保証
屋根塗装10年 外壁塗装10年
工事費用
施工事例

千葉市若葉区桜木で破損したコロニアル屋根を補修、屋根と付帯部の塗り替えとシーリング増し打ちを行いました

屋根塗装前のスレート屋根
屋根塗装後のスレート
工事内容
屋根塗装
部分塗装
その他塗装
使用素材
ファインシリコンベスト
築年数
29年
建坪
保証
屋根塗装10年 付帯部塗装3年
工事費用
施工事例

富里市で屋根用遮熱塗料のサーモアイ4F・外壁用ハイブリッド塗料のパーフェクトトップを使用し屋根外壁塗装工事

eb5b26712b92ae3c46527f62d20e476f
3545acae72904bcbb26fcce4873875dd
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根塗装
 日本ペイント
 サーモアイ4F
(クールマルーン)
外壁塗装
 日本ペイント
 パーフェクトトップ
 (1階ND-012)
 (2階ND-103)
築年数
30年
建坪
保証
屋根:サーモアイ4F 12年
外壁:パーフェクトトップ 10年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

習志野市東習志野でスレート屋根から雨漏りする前に屋根カバー工事で改修

施工前
施工後
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト シェイドブラック
築年数
25年
建坪
38㎡
保証
10年
工事費用
¥600.000
施工事例

習志野市本大久保のセカンドハウスにて2年前からお悩みの雨漏りをサイディング張替工事で改善

サイディング内部での雨漏り
サイディング張替工事
工事内容
雨漏り修理
使用素材
築年数
築8~9年
建坪
保証
工事費用
施工事例

習志野市実籾で棟のずれを棟瓦取り直しで改修、漆喰詰め直しも行いました

ずれている棟
棟取り直しで真っ直ぐに
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
軽量シルガード
築年数
23年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

縁切りされてない重なり部分

現在、最も普及していると言われるスレート屋根。その屋根塗装の際には各スレートの重なり部分に適切な隙間を設ける縁切りが必要です。平均的な塗装業者ならばこの縁切りは一般的な知識として学んでいるはずですが、それを行わないという業者も未だに存在する...........