習志野市津田沼で築30年のスレート屋根を調査、メンテナンスサイクルを考慮して屋根カバー工法か屋根葺き替えがお薦めです


習志野市津田沼で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材はスレートです。「屋根のメンテナンスを考えているので点検してほしい」とお問い合わせをいただきました。築30年で以前に屋根塗装を行ったのが20年前との事ですので、経年により塗装が剥がれています。スレートは塗装で保護されていますが、太陽光や紫外線、風雨や砂埃などの外的影響を受け徐々に剥がれてしまうのです。下から見上げて屋根が色褪せてきた塗り替えのサインですので、定期的に確認する事を心掛けましょう。
習志野市津田沼でスレート屋根に苔や藻、カビの発生
習志野市津田沼でスレート屋根の防水性の低下
塗装が剥がれてしまうと防水性の低下や耐久性の低下に繋がります。スレートが雨水を吸収する事で膨張し、乾燥する事で収縮する影響で負荷が生じてしまい、負荷に耐えられなくなると割れや欠け、反りなどの不具合が発生してしまうのです。メンテナンスサイクルとしては10~15年で塗り替えを行うのが適していますが、こちらのお客様邸は前回の塗装から20年が経過していますので欠けや反りの不具合が生じてしまったのです。
e42cd4e67b63d429d928586ded528243
fa55b2cca88ab40038a8aad801ffc2dd
調査を続けると棟板金を留めている釘の浮きを発見しました。棟板金は屋根の頂点部分の屋根材と屋根材が接合する部分を覆うように設置されており、雨水の浸入を防いでいます。釘は下地材の貫板に打ち込み棟板金を固定しているのですが、貫板が木製のため経年により劣化してくると固定する力が低下し抜けてきてしまうのです。
習志野市津田沼で棟板金を留めている釘の浮きを発見
また、屋根の山状になっている棟は風や地震などの影響を受けやすいので徐々に釘が浮いてきてしまうのです。釘が浮いた棟板金は固定する力が低下しているので、台風などの強風により飛散する危険性に繋がります。飛散してしまうと、雨漏りの原因になってしまいますので釘の浮きが顕著に見られ、下地材の貫板の劣化が懸念される場合は棟板金交換の必要があります。
こちらのお客様邸は築30年で防水紙の耐用年数である20~30年なので、防水紙の交換も必要になります。屋根塗装の剥がれ、棟板金の釘の浮き、防水紙の交換の必要性を考慮し、雨漏りを未然に防ぐメンテナンスは屋根カバー工法屋根葺き替えが最適なメンテナンスとなります。しっかりと最適なメンテナンスを行う事で、長く安心して生活する事が実現します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市中央区蘇我でトタン屋根を垂木から作り直して屋根葺き替え

強風被害を受けた金属屋根
ガルバリウムの波板に葺き替えられた屋根
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム製波板
築年数
50年以上
建坪
約15坪
保証
10年
工事費用
約115万円
施工事例

八千代市八千代台北で雨漏りしていた横葺き金属屋根を葺き替えて立平葺きへ

横葺き金属屋根
立平葺き金属屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
スタンビー455
築年数
築26年
建坪
88.0平方メートル(屋根)
保証
10年(屋根)
工事費用
施工事例

千葉市花見川区横戸町で小屋根と外壁の取り合いの改修と銅屋根葺き替えで雨漏り解消

屋根と外壁の取り合い改修前
屋根と外壁の取り合い改修後
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
軽量なんばん,銅板
築年数
不明(かなり長い)
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

習志野市東習志野でスレート屋根から雨漏りする前に屋根カバー工事で改修

施工前
施工後
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト シェイドブラック
築年数
25年
建坪
38㎡
保証
10年
工事費用
¥600.000
施工事例

習志野市本大久保のセカンドハウスにて2年前からお悩みの雨漏りをサイディング張替工事で改善

サイディング内部での雨漏り
サイディング張替工事
工事内容
雨漏り修理
使用素材
築年数
築8~9年
建坪
保証
工事費用
施工事例

習志野市実籾で棟のずれを棟瓦取り直しで改修、漆喰詰め直しも行いました

ずれている棟
棟取り直しで真っ直ぐに
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
軽量シルガード
築年数
23年
建坪
保証
工事費用