習志野市にて瓦屋根の雨漏りでお困りのお客様

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

習志野市のお客様より「2週間ぐらい前から雨漏りしているので困っている。どこから雨水が浸入しているか調査してほしい。」とご相談をいただき、瓦屋根の雨漏り調査を行いました。雨漏りが発生している箇所は1階のトイレの天井になります。発生箇所を確認したので屋根に上がり、トイレ上部の瓦を確認します。特に割れや欠け等は見られませんでしたので、瓦を何枚か外してみると防水シートに穴が開いているのを発見しました。屋根は1次防水の役割が屋根材になります。こちらのお客様邸は瓦になります。そして、2次防水としてルーフィングなどの防水シートが葺かれており雨水の浸入を防いでいます。ですから、屋根にとって屋根材と防水シートはセットになり雨水の浸入を防いでいるのです。
PB030022_R
PB110313_R-1
瓦を外した状態で、小屋裏を確認すると光が射し込んでいますので雨漏りの原因はこの部分で間違いありません。このままですと、天井材を腐食させるだけではなくお家の躯体を腐食させる事に繋がりますので早期対応が必要になります。防水シートの寿命は約20年と言われており、該当箇所以外にも傷みが見られます。お家の至る所で雨漏りが発生する前に防水シートを新規に葺き替えないと躯体を傷めお家の寿命を短くしてしまいます。幸い、瓦の方は傷みが見られませんでしたので既存の瓦を再利用して防水シートを葺き替える屋根葺き直し工事をお客様にご提案しました。
PB110871_R-1
PB110852_R-1
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ地域の施工事例

施工事例

習志野市で強風により剥がれた軒天化粧ベニヤを張替!タフモックで棟板金の下地も補強

軒天の剥がれ点検
軒天張替工事
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟板金交換
使用素材
軒天用化粧ベニヤ 樹脂製貫板タフモック
築年数
築40年以上
建坪
保証
工事費用