習志野市にて大屋根の棟瓦が倒壊、このままだと雨漏りします

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

棟瓦
棟瓦
習志野市で棟瓦の調査をいたしました。完全に棟瓦が倒壊し周辺に飛散してしまっていて大変危険な状態でした。土の土台も粉々で少しの風でポロポロ落ちています。雨が降れば当然中に侵入して雨漏りに直結します。このまま放置されると棟瓦が落下してしまうので、お客様に了解を得て回収させていただきました。瓦一枚5キロ前後ありますし、大通りに面しているので今後も注意が必要です。漆喰自体はメンテナンス時期でなかったので、台風の力が強い事がわかります。

大屋根の棟瓦が飛散し下屋根の瓦も割れていました

防水紙
防水紙
屋根の瓦が割れてしまうと基本的に新品の瓦を差し替える交換工事になります。下地に防水紙が敷かれていて雨の浸入を防ぐものです。15年程経つと防水紙交換目安になりますし、しっかり調査させていただきました。白い紙が防水紙になります。よく見ると二箇所切れ目が入っていました。こちらも雨漏りの原因になりますので注意が必要です。
防水紙
防水紙が切れていて中の垂木が見えていました。雨漏りの心配もありますが、垂木は木部ですので放置されると躯体の工事になってしまいます。お客様には状況をご説明し、ご提案として棟瓦の取り直し工事、割れてしまった瓦の交換工事をさせていただきました。屋根の事なら街の屋根やさんにご相談ください。

同じ地域の施工事例

施工事例

習志野市で強風により剥がれた軒天化粧ベニヤを張替!タフモックで棟板金の下地も補強

軒天の剥がれ点検
軒天張替工事
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟板金交換
使用素材
軒天用化粧ベニヤ 樹脂製貫板タフモック
築年数
築40年以上
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

c1e66f08d53eab36a4888906963927b1

「台風24号が通過した翌日に庭に瓦が落ちていた。」という八千代市のお客様邸の調査の様子をご紹介します。お客様に落ちてきた瓦を拝見させていただくと棟部分の丸瓦が落ちていました。瓦は飛散したり、落下すると大変危険です。人身事故などに繋がるケース...........

P9250169

お客様から築30年とお聞きしましたお家ですが、それほど築年数を経ているとは思えないお家です。日頃からお手入れをしっかりとなさっているのでしょう。以前、他の業者が瓦屋根の漆喰(しっくい)工事されているそうですが、雨漏れがまだ続いている状況でし...........

DSC_5692_R

四街道市の瓦屋根のお客様邸にて棟の漆喰が経年により剥がれなどの劣化症状を起こしていたので棟の崩壊や雨漏りの発生を未然に防ぐ為に棟漆喰取り直し工事を行なっています。屋根の頂点部分は山状になっていますが、その頂点部分を棟と呼びます。瓦と瓦が接合...........