習志野市にて大屋根の棟瓦が倒壊、このままだと雨漏りします

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

棟瓦
棟瓦
習志野市で棟瓦の調査をいたしました。完全に棟瓦が倒壊し周辺に飛散してしまっていて大変危険な状態でした。土の土台も粉々で少しの風でポロポロ落ちています。雨が降れば当然中に侵入して雨漏りに直結します。このまま放置されると棟瓦が落下してしまうので、お客様に了解を得て回収させていただきました。瓦一枚5キロ前後ありますし、大通りに面しているので今後も注意が必要です。漆喰自体はメンテナンス時期でなかったので、台風の力が強い事がわかります。

大屋根の棟瓦が飛散し下屋根の瓦も割れていました

防水紙
防水紙
屋根の瓦が割れてしまうと基本的に新品の瓦を差し替える交換工事になります。下地に防水紙が敷かれていて雨の浸入を防ぐものです。15年程経つと防水紙交換目安になりますし、しっかり調査させていただきました。白い紙が防水紙になります。よく見ると二箇所切れ目が入っていました。こちらも雨漏りの原因になりますので注意が必要です。
防水紙
防水紙が切れていて中の垂木が見えていました。雨漏りの心配もありますが、垂木は木部ですので放置されると躯体の工事になってしまいます。お客様には状況をご説明し、ご提案として棟瓦の取り直し工事、割れてしまった瓦の交換工事をさせていただきました。屋根の事なら街の屋根やさんにご相談ください。

同じ地域の施工事例

施工事例

習志野市で強風により剥がれた軒天化粧ベニヤを張替!タフモックで棟板金の下地も補強

軒天の剥がれ点検
軒天張替工事
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟板金交換
使用素材
軒天用化粧ベニヤ 樹脂製貫板タフモック
築年数
築40年以上
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

千葉市稲毛区屋根調査漆喰

千葉市稲毛区で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「2階の窓から1階の屋根を見たら、棟の瓦がズレているのを見つけたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。お客様に該当箇所をご案内していただき梯子を使い屋根に上...........

8a91e99f225b6c51036dcf2c0ee1cf6d

千葉市緑区で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「強風が吹いた翌日に屋根を見たら、1階の棟の漆喰が剥がれているようなので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。屋根の棟部分は風の影響を受けやすく、強風や突風の被害...........

ca6fce5b42caa9e2c64026e45b56b8c8

習志野市で行った瓦屋根の調査の様子をご紹介します。お客様より「鬼瓦がズレているような気がするので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。下から見るとズレているように見えるので屋根に上がり確認すると、のし瓦がずれた影響で鬼瓦がズレ...........