習志野市にて台風により棟板金が飛散、原因は固定力の弱い丸釘が使われていることでした


棟板金の調査

棟板金
棟板金
こちらはお家は棟板金が2枚飛散していました。茶色の棟板金は換気棟となっており、通常よりも重く出来ています。それでも飛散させてしまう程の台風ということがわかります。通常、飛散の原因は棟板金の下地にあります貫板(杉の板)の腐食、もしくは釘の緩みです。だいたいこの2つです。屋根にのぼり、しっかり原因の調査をさせていただきました。

棟板金の釘が丸釘でした。

棟板金
棟板金
貫板があるだけで数枚だけ棟板金が付いている状態でした。貫板の腐食もなく問題のない状態でしたが、釘が抜けていて緩んでいる箇所が見受けられます。このまま放置されると少しの風でもまた飛散してしまう恐れがあります。棟板金の釘は大きく分けてこちらの丸釘とスクリュー釘の2つです。丸釘ですと抑えの力がスクリュー釘よりも弱いところがあり、緩み、抜けが早くなります。お客様には状況をご説明いたしました。ご提案として棟板金の新規交換工事、丸釘からスクリューに変更工事をさせていただきました。

防水紙の状況

防水紙
貫板と貫板の間にある防水紙が切れてしまっていました。防水紙の役目は、屋根から雨水が浸入してしまっても防水紙でお水を中に入れない為、屋根全体に敷いています。現状切れてしまっているので雨漏れの原因に直結します。早急に工事が必要です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市稲毛区宮野木町にて強風被害、剥がれた棟板金の交換を機に屋根塗装

b-33
棟板金交換と屋根塗装後の屋根
工事内容
棟板金交換
屋根塗装
使用素材
ファインパーフェクトベスト
築年数
15 年
建坪
約28坪
保証
屋根塗装8年
工事費用
約45万円
施工事例

千葉市緑区あすみが丘にて強風で飛散した棟板金を交換

棟板金が飛散し、養生中
棟板金交換後
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム製棟包
築年数
築14年
建坪
保証
0年
工事費用
20万円
施工事例

八街市文違で強風被害を受けた化粧スレートの方形屋根の棟板金交換

棟板金交換前のスレート尾根
棟板金交換後のスレート屋根
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム製棟包
築年数
築14年
建坪
保証
工事費用