習志野市で棟板金が飛散、貫板は木製よりも樹脂製のタフモックがお薦めです


棟板金の調査です

棟板金
棟板金
習志野市お住いのお客様になります。築18年で、未塗装になります。スレート屋根の一番上に被せている金属製の板の事です。出っ張っているので、少しでも浮いてくると台風被害により飛散されてしまいます。こちらがありませんと雨水が浸入し雨漏れの原因になってしまいます。

棟板金の釘調査

棟板金
釘
棟板金の飛散の原因で多い、釘の調査もいたしました。鉄釘を使用されていて、赤サビで腐食が進んでいる状態でした。スレート屋根の上に抜けて落ちている釘もあり、下地の貫板(杉の板)にうまく固定されていないので、また飛散してしまう状況です。棟板金の浮きもかなりなものでしたし、以前も強風で飛散されていましたので、今回はケイミュー製の次世代の樹脂製貫板、タフモックの交換工事をおすすめいたしました。従来の貫板は木製で水を吸いやすく、どうしても経年劣化してしまいます。タフモックは樹脂製ですので、劣化しにくいものです。
棟板金
高所作業になりますので安全に作業する為、仮設足場工事が必要になります。スレート屋根も苔カビが繫殖していましたし、お客様も、どうせ足場を掛けるなら、スレート屋根の塗装も提案してとの事でしたので、遮熱型塗装工事のご提案もさせていただきました。屋根の事ならご気軽にご相談下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市緑区鎌取町にて強風で剥がれた棟板金を交換、何とお車にも二次被害が…

棟板金が剥がされたスレート屋根
棟板金交換後のスレート屋根
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム製棟包
築年数
築14年
建坪
保証
工事費用
施工事例

船橋市東船橋で台風で飛散した棟板金を新しいものへと交換

強風で棟板金が剥がされたスレート屋根
棟板金を交換したスレート屋根
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板製製棟包
築年数
築14年
建坪
保証
工事費用
施工事例

四街道市物井で棟板金の釘の緩みをきっかけに樹脂製貫板を使用して棟板金交換

棟板金交換前のスレート屋根
棟板金交換竣工
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム鋼板製棟包(棟板金),樹脂製貫板
築年数
築16年
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

習志野市東習志野でスレート屋根から雨漏りする前に屋根カバー工事で改修

施工前
施工後
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト シェイドブラック
築年数
25年
建坪
38㎡
保証
10年
工事費用
¥600.000
施工事例

習志野市本大久保のセカンドハウスにて2年前からお悩みの雨漏りをサイディング張替工事で改善

サイディング内部での雨漏り
サイディング張替工事
工事内容
雨漏り修理
使用素材
築年数
築8~9年
建坪
保証
工事費用
施工事例

習志野市実籾で棟のずれを棟瓦取り直しで改修、漆喰詰め直しも行いました

ずれている棟
棟取り直しで真っ直ぐに
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
軽量シルガード
築年数
23年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

千葉市緑区土気町で棟板金交換工事

千葉市緑区土気町で行った棟板金交換工事の様子をご紹介します。「2階の窓から下屋根の棟板金の釘が浮いているのを発見したので、屋根全体の棟板金を点検してほしい。」と、お問い合わせをいただき調査したところ、釘の浮きが多数見られましたので棟板金交換...........