習志野市で耐震性に優れたスーパーガルテクト(ガルバリウム鋼板)で屋根カバー工法

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

習志野市でアイジー工業のスーパーガルテクトを使用した屋根カバー工法を行なっています。屋根カバー工法とは現在の屋根をほぼそのまま残し、その上に新しい屋根を載せて覆う工法です。屋根を屋根でカバーする工法なので屋根カバーと呼びますが、屋根を重ねて葺くので「重ね葺き」とも呼びます。屋根カバー工法のメリットとしては解体工事が殆ど不要ということです。従って廃材が殆ど発生せず既存の板金の撤去ぐらいですので解体工事費や廃材処理費が安く抑えられます。また、塗装や葺き替えと比較すると短期間で工事が完了するので、それだけ費用がお安くなります。しかし、化粧スレートなどの平坦な屋根材には施工可能ですが、瓦屋根のような凹凸がある屋根には施工できません。また、カバー工法は屋根の下地(野地板)が腐食などで傷んでいるとビスや釘などが効かないので屋根材をしっかり固定できないなどのデメリットが生じますので葺き替えが必要になる場合がありますので、ご不明な点は街の屋根やさん千葉中央店へお気軽にお問い合わせください。
P1260063_R
P1260044_R
前日にルーフィングを設置しましたので、本日は屋根材の設置を行いました。使用する屋根材は、アイジー工業のスーパーガルテクトです。スーパーガルテクトはガルバリウム鋼板でできており、遠赤外線を反射して屋根裏の温度上昇を抑える遮熱効果を備えているので住宅屋根用化粧スレートと比較するとその差はマイナス10度になりますので夏は涼しく、断熱材との相乗効果で優れた断熱性能を発揮し、冬は暖かく快適に生活できます。また、金属なのに錆にくく金属屋根の一般的なトタン屋根(亜鉛メッキ鋼板)と比較すると防錆性は約4倍になります。その他、重量の面ですと1㎡あたり5kgと超軽量のため建物に掛かる負担が軽減されます。和瓦屋根の1㎡が約50kgですので1/10の重さになりますので耐震性にも優れています。金属製なので地震時の揺れによる割れの心配がないのも安心の1つです。
P1290004_R
DSC_5438_R
金属部分に超高耐久ガルバを採用しているスーパーガルテクトは耐久性にも優れておりスーパーガルテクトフッ素で変褪色20年、穴開き25年のメーカー保証。通常のスーパーガルテクトは変褪色15年、穴開き25年のメーカー保証が付きます。費用対効果が高く屋根の寿命も延ばす事に繋がるスーパーガルテクトでのカバー工法は明日で工事完了となります。
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市稲毛区でニチハのパミール(砂岩調)をアイジー工業のスーパーガルテクトで屋根カバー工事

cd11cf5ee46579c762e1484c882b0ab4
76e924344a7541338da433ee7bf51eed
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
屋根カバー
アイジー工業
スーパーガルテクト
色:シェイドチャコール
築年数
築12年
建坪
保証
10年
工事費用
117万円
施工事例

雨漏り修理、屋根カバー工事|千葉市緑区

千葉市緑区 屋根カバー工事前
千葉市緑区 屋根カバー工事後
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
横暖ルーフS(ガルバリウム鋼鈑)
築年数
築40年
建坪
保証
10年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

習志野市で強風により剥がれた軒天化粧ベニヤを張替!タフモックで棟板金の下地も補強

軒天の剥がれ点検
軒天張替工事
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟板金交換
使用素材
軒天用化粧ベニヤ 樹脂製貫板タフモック
築年数
築40年以上
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

8121e2be53747a70f3cc559f52978156

千葉市美浜区のお客様より「台風で屋根材が落ちてきたので点検してほしい」とお問い合わせをいただき、屋根調査を行いました。落ちてきた屋根材はお客様が回収しており見せていただくとニチハのパミールでした。パミールは専用の釘が錆びて劣化し、滑落する事...........

a2a4bf0aee38b7422ea96e1a989b376f

船橋市のお客様より「台風の風で屋根の部材が落ちてきたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただき。屋根調査を行いました。棟板金など屋根の部材は飛散すると、ご近隣の建物に被害を与えるほか、人身事故などの二次災害に繋がる危険性があります。