習志野市にてスレート屋根の台風被害、防水紙が剥き出しでした

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

スレート屋根の調査

防水紙
防水紙
こちらは切妻のお宅で勾配あるスレート屋根です。台風の影響でスレート屋根が飛散する被害の状況でした。スレート屋根の材質は簡単にご説明致しますと、紙粘土を圧縮したような物の上に塗装してあるものです。新築時には撥水力がありますが、3年~5年すると水を弾く力が無くなってきます。5年~7年すると小さなヒビ。(ヘアークラック)や大きなヒビもはいってきます。スレート屋根材自体の強度が弱くなっていました。変形してしまったものは元に戻せませんので早めの対策も必要です。

防水紙が剥き出し

スレート屋根
スレート屋根の下に防水紙が入っていてもし万が一、雨水が入ってきても防水紙でお家を守るものです。防水紙の耐用年数は一般的に15年から20年ですが、15年目安で交換工事をおすすめ致します。このまま放置されると雨漏れの原因になりますので、注意が必要になります。お客様には状況をご説明いたしました。屋根全体の塗膜保護の遮熱型防水塗装工事とスレート屋根の補修工事をご提案させていただきました。

スレート屋根のヒビ割れ

スレート屋根
ヒビ割れ
大屋根の調査をいたしましてやはりヒビ割れがありました。こちらも同様に雨水の撥水効果切れていて、屋根全体で40枚程ヒビ割れがある状態でした。屋根のことで何かお困りな方はご気軽にご相談下さい。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

千葉市稲毛区屋根調査漆喰

千葉市稲毛区で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「2階の窓から1階の屋根を見たら、棟の瓦がズレているのを見つけたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。お客様に該当箇所をご案内していただき梯子を使い屋根に上...........