習志野市で風害により棟が崩れ巴瓦が落下、棟取り直し工事をご提案

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

「台風24号が通過した翌日に庭に瓦が落ちていた。」という八千代市のお客様邸の調査の様子をご紹介します。お客様に落ちてきた瓦を拝見させていただくと棟部分の丸瓦が落ちていました。瓦は飛散したり、落下すると大変危険です。人身事故などに繋がるケースもあり二次災害が発生してしまいます。外れてしまった部分を確認する為、梯子を使い屋根に上がると棟が歪んでいるのを発見しました。落下したのは棟の先端部分でしたが、棟全体が台風の影響を受けており漆喰も剥がれています。
e35fce580c31cc465ed5f4439e79ba34
c1e66f08d53eab36a4888906963927b1-1
本来、棟部分は一直線になっているのですが、漆喰の劣化や風害が原因で蛇行していますので棟の固定する力が低下し、棟が崩れ瓦が落下する危険性があります。
41a0df19e4477c824d59db3c594c389f-1
落下したのは先端部分でしたがところどころに漆喰の剥がれが見られ葺き土が露出しています。葺き土は雨水を吸収してしまうと、屋根内部へと浸透させてしまい雨漏りの原因になります。お客様の屋根は珍しい混ぜ葺きです。せっかくのお洒落な屋根なのですから、しっかりと直して大事にしてあげましょう。
4f7d070790315d7d2520589282da96ab
2b0b79ddbfb7e0b3de945fa6da490706
お客様には調査のご報告をし、このままの状態ですと棟が崩れてしまう事や雨漏りに繋がりますので棟取り直し工事のご提案をしました。瓦の落下や雨漏りの不安を解消する為、早期に補修を行います。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市緑区で軽量シルガードを使用し棟瓦取り直し・漆喰(しっくい)詰め直し工事

千葉市緑区 棟取り直し工事前
千葉市緑区 棟取り直し工事後
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
軽量シルガード
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
施工事例

八街市で、コーキング処理では止まらなかった雨漏りを棟瓦取り直しで解消

DSC_4707_R-1
22_R
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
なんばん漆喰
築年数
20年
建坪
保証
工事費用
施工事例

瓦屋根の風害、崩れた棟瓦を積み直す棟瓦取り直しで改善|千葉市稲毛区

DSC_3615_R-1
69102_R
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
軽量なんばん
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

習志野市で強風により剥がれた軒天化粧ベニヤを張替!タフモックで棟板金の下地も補強

軒天の剥がれ点検
軒天張替工事
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟板金交換
使用素材
軒天用化粧ベニヤ 樹脂製貫板タフモック
築年数
築40年以上
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

8a91e99f225b6c51036dcf2c0ee1cf6d

千葉市緑区で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「強風が吹いた翌日に屋根を見たら、1階の棟の漆喰が剥がれているようなので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。屋根の棟部分は風の影響を受けやすく、強風や突風の被害...........