習志野市で雨漏りしている下屋の葺き替えと軒天工事


本日ご紹介いたしますのは習志野市で行った屋根葺き替え工事と軒天工事の様子です。一階のお部屋で雨漏りしているということで調査したところ、下屋の屋根材に腐食によって穴が空いてそこから雨水が浸入していることが分かりました。屋内への浸水と、さらに軒天の方もだいぶ被害があり腐食してしまっていたのでそちらの補修も合わせて実施いたします。

瓦棒屋根のメリット

8d4ac0cfd5d41289b1fbff80254bfd01
問題の下屋の屋根は瓦棒葺きです。一旦既存の屋根材を撤去した後、野地板からすべて新しくします。
野地板の上に防水紙を設置し、その上から屋根材を取り付けています。
da9f1acb725813a154acd26cb2d9853c
瓦棒屋根なので垂木を455mmの間隔で設置しております。瓦棒屋根はとてもシンプルなつくりで、屋根の形状などに合わせて現場で加工して設置できる利点があります。また、傾斜の緩い屋根でも使用できることや、費用が安いといったこともメリットです。

錆びに強いガルバリウム鋼板の屋根材を使用

04c8d67c824bb2a653dc0885e41e1b65
昔は瓦棒屋根に使われていた屋根材の金属はトタンが多かったのですが、トタンは鉄板に亜鉛メッキしているもので比較的錆安いことから長持ちしないなどと言われていました。しかし、今回使用した金属屋根材は錆に強いガルバリウム鋼板ですので、20年以上はもつ長持ちな屋根材ですので安心です。

雨漏りによって腐食した軒天を補修

20150802_166
雨漏りによって屋根の下にある軒天も傷んでしまったので、こちらも合わせて補修を行います。ご覧の通り水分によって完全に腐食しており、手で簡単に剥がれてしまいます。
20150802_5642
新しいベニヤ板を貼り、補修は完了です。軒天に穴が空いていると、そこから風が吹き込んで更に被害を広げることになります。また、軒天の穴に小動物が入り込んで糞尿被害を受けることもありますので、放置せず早めに工事を行うようにしましょう。
今回の工事で屋根の葺き替えと軒天工事を実施しました。屋内も雨漏りによってクロスにシミができている状態でしたが、こちらも機会を改めて綺麗な状態にしたいとお施主様もお考えのようです。
雨漏りは雨漏りの入り口をまず特定し工事する必要がありますが、雨漏りによって軒天や屋内のクロス汚れなど他にも被害が発展してしまうものです。ですので、雨漏りを発生させないためにもお住まいの定期的なチェックをしていくようにしましょう。街の屋根やさんでは無料でお住まいの点検を承っております。長年メンテナンスをしていない方はお気軽にご相談ください。
(雨漏りについてもっと詳しく知りたい方はこちら

同じ地域の施工事例

施工事例

習志野市で強風により剥がれた軒天化粧ベニヤを張替!タフモックで棟板金の下地も補強

軒天の剥がれ点検
軒天張替工事
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟板金交換
使用素材
軒天用化粧ベニヤ 樹脂製貫板タフモック
築年数
築40年以上
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

DSC_6474_R

千葉市中央区のお客様より「瓦の屋根が茶色く変色している部分があるので見に来てほしい。」とご相談をいただき、セメント瓦の調査を行いました。セメント瓦はセメントと砂を主な原料としています。塗装されているのが一般的で表面を保護してあります。日本瓦...........

DSC_6316_R

船橋市にて築30年のお客様邸の屋根葺き替え工事が始まりました。地震対策として瓦の屋根から軽量化したいという事でガルバリウム鋼板の屋根に葺き替えます。本日の作業は瓦降ろしになります。瓦降ろしはその名の通り既存の瓦を撤去し降ろす作業です。葺き替...........

P5140020_R

千葉市稲毛区のお客様より「屋根塗装を考えている」とご相談をいただき、調査を行いました。築30年で屋根材は化粧スレートです。前回の屋根塗装から11年経過しているという事で塗装が剥がれ、下地が露出しているところもあります。下地が露出してしまうと...........