習志野市で台風の影響により瓦に割れが発生、早期に新しい瓦へ交換を

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

習志野市のお客様より「屋根に台風21号の影響が出ていないか心配なので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただき瓦屋根の調査を行いました。先日、通過した台風21号は関西方面や北海道に甚大な被害が発生しました。関東地方も例外ではなく強風が続きましたので、お客様も屋根の状態が心配になりお問い合わせをいただきました。
屋根は瓦屋根で屋根材はS瓦です。屋根で強風の被害を受けやすく風害に遭いやすい部分は棟の部分になりますが、特に不具合は見られませんでした。しかし、屋根全体を調査していると軒先の瓦が割れているのを発見しました。割れている瓦の状態は瓦桟に留まってはいますが、いつ外れてもおかしくない状態にあります。外れて落下してしまうと凶器になり人身事故に繋がり大変危険ですので早期に交換の必要があります。
DSC_7112_R
DSC_7125_R
調査を続けると瓦の割れは他の部分にも発生していました。いずれも軒先ですが、このままですと雨漏りの原因になってしまいます。屋根は瓦などの屋根材が1次防水としての役割をしており、屋根材の下に葺かれている防水紙が2次防水の役割を果たして雨水の浸入を防いでいます。ですから、1次防水の瓦が割れている部分は現在、防水紙が雨水の浸入を防いでいる状態ですがこのままですと割れている部分から雨水が集中して防水紙を劣化させてしまいます。防水紙が劣化すると穴開きや捲れなどの不具合が発生し、屋根下地へと雨水が浸透し躯体を伝い雨漏りが発生してしまいます。躯体に雨水が浸透してしまうと腐食などの原因にもなり、お家にダメージを与えてしまいます。
お客様には調査のご報告をし、雨漏りを未然に防ぐ為にも早期に瓦交換工事を行う事をご提案をしました。
DSC_7135_R
DSC_7150_R
屋根調査・屋根工事のご相談は街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積は無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

四街道市でスーパーガルテクトによる葺き替え工事とラジカル制御型塗料での屋根塗装実施

スレート屋根の葺き替え前
スーパーガルテクトの葺き替え完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根塗装
使用素材
大屋根:スーパーガルテクト(Sシェイドチャコール) 下屋:ファインパーフェクトベスト(ダークグレー)
築年数
築35年
建坪
保証
葺き替え10年 塗装10年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

習志野市で強風により剥がれた軒天化粧ベニヤを張替!タフモックで棟板金の下地も補強

軒天の剥がれ点検
軒天張替工事
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟板金交換
使用素材
軒天用化粧ベニヤ 樹脂製貫板タフモック
築年数
築40年以上
建坪
保証
工事費用