習志野市で劣化していない波板ポリカが飛散、原因は劣化したフックでした


PA010063-columns1
習志野市にお住まいのお客様は、台風の影響で波板ポリカが飛散してしまい、弊社をインターネットで見て、同じ事例が記載しているのを見つけ、お問い合わせを頂きました。
庭に落ちている波板ポリカを見てみると、何処も割れたりヒビが入っている事も無く落ちていたそうです。
PB200010-columns2
PB200012-columns2

調査して観ると、まだ残っている波板ポリカがありました。よく見ると波板ポリカ自体はまだ硬化や変形は無いので、強度的にも問題が無いように見えますが、ここに落とし穴がありました。
波板ポリカは、透明性・耐熱性・耐衝撃性にとても優れていまして、耐候年数も以前から使われていた、塩ビ製のものに比べると比にならないほどの高耐候です。
お客様のベランダ屋根に設置してあったものも、ポリカカーボネイト製で劣化はしていませんでしたが、止め具のフックが塩ビ製で手で触っただけで割れてしまっていました。今回の波板ポリカの飛散の原因は、フックの耐用年数が過ぎ、脆くなってしまっている所に、大きな台風が通過したため、フックが折れたことです。
PB200042-columns2
PB200025-columns2
波板ポリカの設置方法は、アングルがフックタイプか、木質の釘打ちかで大きく分かれます、加工のやり方や設置方法は、昔も現在も変わりはなく、簡単にカットが出来て、ドリルなどで穴もあけられます。
波板ポリカは耐候年数が高いのですが、止め具でもあるフックなどが塩ビなどであると耐候年数が違う為、下からの確認では勘違いしやすいので、放置しがちです。
波板とフックの素材を合わせると、劣化状況が一緒なので目視で危ない状況かを確認できます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

四街道市で台風の影響により捲れた、屋根飾り煙突の板金交換工事

DSC_6977_R
工事完了
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
25年以上
建坪
保証
0年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

習志野市東習志野でスレート屋根から雨漏りする前に屋根カバー工事で改修

施工前
施工後
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト シェイドブラック
築年数
25年
建坪
38㎡
保証
10年
工事費用
¥600.000
施工事例

習志野市本大久保のセカンドハウスにて2年前からお悩みの雨漏りをサイディング張替工事で改善

サイディング内部での雨漏り
サイディング張替工事
工事内容
雨漏り修理
使用素材
築年数
築8~9年
建坪
保証
工事費用
施工事例

習志野市実籾で棟のずれを棟瓦取り直しで改修、漆喰詰め直しも行いました

ずれている棟
棟取り直しで真っ直ぐに
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
軽量シルガード
築年数
23年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

9cb362d5ab4c66098f95b97548cf48db

千葉市若葉区にて行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。台風24号の通過後、瓦の破片が地面に落ちているのに気が付き、屋根の状態が心配なのでお問い合わせをいただきました。お客様に瓦の破片が落ちていた場所にご案内していただき屋根を点...........