習志野市で波板トタンの屋根葺き替え工事

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

本日は習志野市で行った屋根葺き替え工事の様子をご紹介いたします。現状では屋根材に波板が使われていますが、昔ながらのトタンで塗装も長年していないことから腐食によって雨漏りしていました。
ちなみにトタンとは鉄板の表面に亜鉛メッキされたもので、塗装などで保護しないと錆が発生しやすくもあります。寿命もそれほど長くないので10年以上経っている場合は問題がないか点検を行っておく方が良いでしょう。

屋根材の腐食により雨漏りしている

20160512_5761
これから屋根葺き替え工事を行う屋根の状態です。錆が全体的に見られますが、特に写真の中心部は腐食によって強度が下がりめくれ上がってしまっています。
20160512_6200
屋根材が捲れている下の部屋では雨漏りがしており、天井部分が波打ってしまっています。
だいぶ長い時間雨漏りしていたようで、以前補修したという天井部分のベニヤ板も水分によって変色していました。
20160524-1_3840
今回のご依頼では屋根全体の葺き替え工事ではなく、現在雨漏りしている箇所をなんとかしたいということで部分的な葺き替え工事を行います。
まずは交換する屋根材を撤去します。
波板トタンの屋根葺き替え工事
屋根材の下の野地板も傷んでいるため、補強した上で新しい屋根材を設置していきます。
今まではトタンでしたが、今回は錆に強いガルバリウム鋼板の屋根材です。寿命もトタンよりも三倍以上は長持ちすると言われておりますので安心ですね。

部分的な屋根葺き替えは対応可能か事前点検で判断します

波板トタンの屋根葺き替え工事
波板を使った屋根ではつなぎ目の部分を重ね合わせて雨が入らないようにしています。目安として波の山が2.5山程が重なるようにします。
固定には波板に穴を開け、傘の付いた波板用のビスを使って固定します。
屋根材の設置が終わり、最後に清掃を行って工事は完了となります。雨漏りもこれで解消いたしました。
今回のような部分的な屋根葺き替えなども街の屋根やさんでは対応可能です。事前に調査を行い工事可能かも判断いたしますので、場合によっては部分的な工事だけではお施主様のご要望を実現できないこともあります。これから屋根の部分補修をお考えの方は、まずはお気軽に弊社の無料点検を受けてみてはいかがでしょうか?工事にかかる費用(お見積り)についても無料で作成いたします。