習志野市で棟板金が飛散し、その復旧工事を致しました


PA190086-columns1
習志野市にお住まいのお客様は先日の台風の影響により棟板金が飛散してしまったそうです。屋根の上は確認がしずらいのですが、なぜわかったかと言うと、朝起きてみると庭に鉄板が落ちていたそうです。お客様の住宅は二階の屋根が一階にまで伸びているタイプにより、ベランダから登れば確認が取れるとの事で、登ってみたそうです。
とても危険な行為により、絶対にやってはいけない事です。専門職でも専用の靴を履いても、非常に危険です。ですがお客様は雨漏りが心配で、ご自分で雨漏れ養生までされていましたので、非常に危険な行為ではありましたが、養生をしなければ、雨漏れの可能性があります。早目の応急処置はとても重要なことですが、屋根にのぼって行うことはおすすめできません。
台風で破損して直すことは火災保険で修理可能かもしれませんが、破損個所の放置に伴う被害は火災保険の対象外となってしまうからです。
PB250054-columns2
客様が危険を顧みず、養生をしてた甲斐あって、雨漏れがしないまま、工事が始めることができました。まずは古くなってしまった、貫板を解体して行きます。
古くなると釘などが抜けやすくなってしまいます。
PB250058-columns2
新築時から一度も変えることが無かった木質の貫板でしたが、今回の災害を機に全て新しいものを設置いたします。ほとんどの貫板は杉板になっており、雨さえあたらければ劣化しにくいものとなりますが、雨水の浸入があれば、比較的早い段階で劣化してしまいます。
PB250063-columns2
PB250077-columns2
棟板金交換工事を致します。化粧面となる板金部分は、屋根の突起部分に使用するようアルミと亜鉛でメッキ加工された板金で、折り曲げて設置いたします。板金は端部や継ぎ目を現地にて加工し屋根の形状に合わせて行きます。屋根を設置する微妙な取り合いも雨水が侵入する可能性があるので、繊細な板金カットや折り曲げ技術が必要となってきます。
棟板金などが飛散してしまわれたときには、早目の応急処置が必要なので、お問い合わせをお待ちしています。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市中央区大森町にてスレート屋根から雨漏りする前に屋根塗装、棟板金交換工事で解消

スレート屋根工事前調査
屋根塗装、棟板金交換工事完了
工事内容
棟板金交換
屋根塗装
足場
使用素材
日本ペイントサーモアイSI
築年数
35年
建坪
109㎡
保証
10年
工事費用
80万円 仮設足場費用含む
施工事例

千葉市稲毛区宮野木町にて強風被害、剥がれた棟板金の交換を機に屋根塗装

b-33
棟板金交換と屋根塗装後の屋根
工事内容
棟板金交換
屋根塗装
足場
使用素材
ファインパーフェクトベスト
築年数
15 年
建坪
約28坪
保証
屋根塗装8年
工事費用
約45万円
施工事例

千葉市緑区あすみが丘にて強風で飛散した棟板金を交換

棟板金が飛散し、養生中
棟板金交換後
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム製棟包
築年数
築14年
建坪
保証
0年
工事費用
20万円

同じ地域の施工事例

施工事例

習志野市東習志野でスレート屋根から雨漏りする前に屋根カバー工事で改修

施工前
施工後
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト シェイドブラック
築年数
25年
建坪
38㎡
保証
10年
工事費用
¥600.000
施工事例

習志野市本大久保のセカンドハウスにて2年前からお悩みの雨漏りをサイディング張替工事で改善

サイディング内部での雨漏り
サイディング張替工事
工事内容
雨漏り修理
使用素材
築年数
築8~9年
建坪
保証
工事費用
施工事例

習志野市実籾で棟のずれを棟瓦取り直しで改修、漆喰詰め直しも行いました

ずれている棟
棟取り直しで真っ直ぐに
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
軽量シルガード
築年数
23年
建坪
保証
工事費用