習志野市で棟板金が飛散してしまわれたお客様、何よりも雨漏れが心配

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

PA010158-columns2
習志野市にお住まいのお客様は先日の台風により棟板金が飛散してしまわれました。当日は晴天になっていましたが、週間予報ですと。幾日か雨予報の日もあり、この先の天気も不安定になっていました。
PA010155-columns2
数ある現地調査にお伺いいたしますが、棟板金の飛散調査が圧倒的に多くあります。台風当日などには飛散していても、醜い場所に設置されている事から、起きず気になる方が少なく、数日経って起きず気になる方も多くいます。
PA010149-columns1
今回習志野市にお住まいのお客様は、到着時間が夕刻になった事もあり、お客様自身がご自分で、棟板金の飛散してしまわれた場所に、コーキングにより隙間を埋める処置をおやりになっていました。
この行為は非常に家のことや雨漏れのことを考え、賢明かと思われがちですが、実は非常に危険かつ、のちの作業に支障をきたす恐れがありあまりやってはいけない状態です。
PA010148-columns2
客様は屋根の上の作業は何回かやった事があるとの事ですが、余りお勧めいたしません。棟板金が設置している屋根にはスレート瓦屋根が多いのですが、スレート屋根は3寸勾配以上でなければ設置出来なくほとんどが急こう配の屋根になっています。
PA010155-columns2
姉資材は劣化してしまう物ですので、どうしても滑りやすくなってきます。たとえば劣化してくるとコケが生えだしたり、塗膜が無くなりセメントが表面にあらわれたりと滑りやすい条件が高くなりますので、雨漏れが生じる恐ろしさよりも、ご自身に怪我などが発生してしまう恐ろしさの方が怖いです。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

四街道市でスーパーガルテクトによる葺き替え工事とラジカル制御型塗料での屋根塗装実施

スレート屋根の葺き替え前
スーパーガルテクトの葺き替え完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根塗装
使用素材
大屋根:スーパーガルテクト(Sシェイドチャコール) 下屋:ファインパーフェクトベスト(ダークグレー)
築年数
築35年
建坪
保証
葺き替え10年 塗装10年
工事費用