習志野市で棟板金が飛散、その影響でご近所の建物を破損させた場合の火災保険は適用されるのか?

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

PA100138-columns1
習志野市にお住まいのお客様は、台風により棟板金が飛散してしまいました。屋根から落ちてしまい、ご自分の敷地内でしたら良かったのですが、ご近所の住宅に傷を負わせてしまいました。突然のことでしたので、保険業者に問い合わせてみたそうですが、火災保険では飛散したもののことには、保険適用外と言われたそうです。お客様もどの様な対処をしたら良いか解らずお悩みになっていました。
PA100070-columns2
PA100079-columns2
今回の台風により飛散した棟板金の状況ですが、強風により軒下から頂上の所まで全て飛散している状況でした。
今回の火災保険で適用される工事は、棟板金の復旧工事のみとなってしまいます。お客様が加入している保険では、ご自分の住宅のみの破損を復旧する保険です。したがって近隣様の住宅破損には保証されないので、ご自身で弁償するほかありません。
ですが法律上では、災害時の飛散による物に関しては、責任を取らなくても良いものとなっており、弁償はしなくても良いと記載されています。個人に瑕疵がないものとしますが、近隣様などとは実際住み続ける以上トラブルは避けたいところです。
PA100075-columns2
台風などで飛散してきたものは、誰も責任を負わなくても良いとの事が、法律的に記載されてますが、何でも許されることではありません。いくら何でも古くなっているものをそのまま放置してい続けると、瑕疵に問題があるので、注意や警告を発信していても、改善していなければ、賠償責任を負わされることもあります
PA100089-columns2
いずれにしろ近隣トラブルのもとになってしまう事は避けたいので、住宅のメンテナンスは欠かせないようにしましょう。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

四街道市でスーパーガルテクトによる葺き替え工事とラジカル制御型塗料での屋根塗装実施

スレート屋根の葺き替え前
スーパーガルテクトの葺き替え完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根塗装
使用素材
大屋根:スーパーガルテクト(Sシェイドチャコール) 下屋:ファインパーフェクトベスト(ダークグレー)
築年数
築35年
建坪
保証
葺き替え10年 塗装10年
工事費用