習志野市で折板屋根(倉庫)のカバー工法を行いました


本日ご紹介いたしますのは習志野市で行った屋根カバー工法です。一般的なお住まいの場合、屋根材は金属製だったりスレートだったりするものですが、今回は倉庫で、使われている屋根材は折板屋根材になります。金属製ですが、定期的に塗装などを行わないと錆びて穴が空いてしまったりします。現状でもかなり錆が酷く、塗装では対応できないことから、今の屋根の上に更に重ねて屋根を作る屋根カバー工法を実施いたします。

古い屋根の上に新しい屋根を作る屋根カバー工法

20161130_5064
これから工事を行う屋根の状態ですが、写真のように塗装が剥がれてしまい、錆が屋根の谷部に溜まってしまっています。これでは排水もスムーズにされないので水捌けも悪くなり、余計に屋根材の劣化を早めることになってしまいます。
20161218_161218_0003
屋根カバー工法では、まず屋根の上の清掃を行った後、新しい屋根を取り付けるために木材を設置していきます。折板屋根の場合はルーフィングという防水紙を設置する作業が必要ないので、この上から屋根材を取り付けていきます。

錆にくい金属ガルバリウム鋼板の屋根材を使用

20161218_161218_0008
折板屋根を取り付けるタイトフレームです。これを木材にビスで固定し、その上から屋根材を乗せて固定します。
20161130_7853
これから設置する屋根材になります。錆にくい金属であるGL(ガルバリウム)鋼板ですので、この先も安心ですね。
タイトフレームに乗せた状態で、上からビスを留めて固定します。

工場や店舗などの大型の建物の屋根工事も承っております

20161218_161218_0012
屋根材の取り付けが終り、その後雨樋などを取り付ければ工事は完了です。
今回は屋根材を古い屋根の上に取り付けていますが、店舗や事務所などに使われている建物の場合は夏場の温度上昇を抑えるために断熱材を入れることもあります。ですが、屋根カバー工法の場合は屋根が二重になるので、断熱効果も期待できます。
街の屋根やさんではお住まいの工事だけでなく、今回のような倉庫の工事も承っております。また、外装リフォームを行うにあたり、倉庫なども一緒に修理したいといったことをお考えの方もお気軽にご連絡ください。
折板屋根は工場などの大型の建物にも多く使われています。更に詳しく折板屋根の工事について知りたい方は専用ページをご覧ください。工場や倉庫などの大型の建物の工事

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏り修理、屋根カバー工事|千葉市緑区

千葉市緑区 屋根カバー工事前
千葉市緑区 屋根カバー工事後
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
横暖ルーフS(ガルバリウム鋼鈑)
築年数
築40年
建坪
保証
10年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

習志野市で強風により剥がれた軒天化粧ベニヤを張替!タフモックで棟板金の下地も補強

軒天の剥がれ点検
軒天張替工事
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟板金交換
使用素材
軒天用化粧ベニヤ 樹脂製貫板タフモック
築年数
築40年以上
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

DSC_0654_R

千葉市中央区でディートレーディングのディプロマットを使用した屋根カバー工事を行なっています。「ジンカリウム鋼板」を基材とする金属屋根材のディプロマットは軽量で錆に強いので耐久性に優れています。屋根材に使用される金属屋根ではアイジー工業が製造...........

DSC_0633_R

千葉市中央区で屋根リフォームをご検討されていたお客様よりご相談をいただき、屋根カバー工法での屋根工事を行なっています。屋根カバー工法とは、既存の屋根はそのまま残して棟板金と棟板金の下地材の貫板を撤去し、その上にルーフィング(防水シート)を設...........

DSC_5438_R

習志野市でアイジー工業のスーパーガルテクトを使用した屋根カバー工法を行なっています。屋根カバー工法とは現在の屋根をほぼそのまま残し、その上に新しい屋根を載せて覆う工法です。屋根を屋根でカバーする工法なので屋根カバーと呼びますが、屋根を重ねて...........