習志野市で強風により棟板金飛散したため火災保険適用工事で復旧させます


PA040080-columns1
習志野市にお住まいのお客様は先日の台風で、棟板金が飛散してしまい、お困りになっていました。棟板金が飛散していた事を知ったのは、ご近所様からご報告を受け知ったそうです。棟板金は下地の劣化などで。強風により飛散する事が多くありますが、屋根の上のことなので確認をすることなどできなく、今回の様に夜に台風が通過すると、飛散した事にきずかない場合があります。

PA040078-columns2
棟板金は屋根の屈折した部分に設置してある資材ですが、下地の劣化など解るはずがなく、ほとんどの方が飛散するか雨漏れが生じないかでしか、関与する方は余りいません。
PA040077-columns2
一番気お付けなくてはいけないのが、屋根の塗装やメンテナンスをする方がおられますが、塗装のメンテナンスは、表面塗装なので、業者さんが説明をしてくれなければ、表面の塗装メンテナンスをやり安心してしまう事があります。棟板金の飛散する原因は下地の貫下地(木製)を定期的に変える必要性があります。
PA040065-columns2
火災保険では、気お付けなくてはいけない事があります。火災保険はそもそも破損個所の復旧工事のみとなります。火災保険で全て、ただで修理できると勘違いする方と、安易に説明する工事店があります。ふがいない高額な見積もりを保険屋さんに提出すると、業者の信用性などや、お客様も保険会社さんに疑いを掛けられてしまう事があります。
PA040069-columns2
保険業者もしっかりとした査定のもとに、金額を決めますので、実際に最近に起きた災害(約2年以内)で壊れたのかなどと規制があり、特に資材の経年劣化ではないかと懸念されると査定が過敏に査定されることが多いです。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

船橋市旭町にて樹脂製貫板を使用した棟板金交換工事を実施

棟板金飛散
棟板金交換
工事内容
棟板金交換
使用素材
プラスチック樹脂製貫板タフモック
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

八千代市上高野にて火災保険を利用して災害復旧(棟板金交換)工事を実施

棟板金飛散
棟板金交換工事
工事内容
棟板金交換
火災保険
使用素材
GL鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

千葉市花見川区検見川町にて強風で捲れてしまった棟板金を交換工事で改善

棟板金の剥がれ
棟板金交換工事完了
工事内容
棟板金交換
使用素材
樹脂製貫板、GL鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟板金のサビ、穴あき

春一番で被害が出る前に調査、メンテナンスをご希望のお客様です

棟板金の浮き調査

台風被害で棟板金が浮いてしまったお客様です。火災保険で修繕ご希望でした