習志野市で台風により棟板金が飛散!原因は釘の緩みでした


棟板金の調査

棟板金
棟板金
メーカー住宅の建物で築30年経っているようにみえませんでした。お家を大事されていて、こまめにお手入れをされていました。こちらは越屋根の所ある棟板金が貫板ごと飛散されていました。原因として、木部の貫板の経年劣化、棟板金の釘の緩みが考えられます。

棟板金の釘

釘
釘
次に棟板金の釘を調査いたしました。釘が完全に浮いている状態で、釘の丸釘を使われていました。一般的に木材にてきしていますが、長年の経年劣化で少しずつ抜けてきてしまいます。よく見るとく釘にも赤い塗装がされているのが、わかると思います。6年前に塗装された時に釘を打たずにそのまま塗装している事がわかります。これだけ緩みが出ていると少しの風でも棟板金が飛散してしまいます。今回たまたま一枚だけでしたが注意が必要になります。お客様には状況をご説明させていただきました。ご提案として、既存の丸釘からスクリュー釘に変更して、下地の貫板も新設工事、棟板金交換工事をご提案いたしました。

最後に

棟板金
全体的に釘の緩みがある状態ですので棟板金自体の浮きも出て来ていました。このまま放置されると下地の貫板も劣化してしまいますし、雨漏れの原因になります。早めの工事をおすすめ致します。屋根の工事の事ならお気軽にご相談下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市稲毛区宮野木町にて強風被害、剥がれた棟板金の交換を機に屋根塗装

b-33
棟板金交換と屋根塗装後の屋根
工事内容
棟板金交換
屋根塗装
使用素材
ファインパーフェクトベスト
築年数
15 年
建坪
約28坪
保証
屋根塗装8年
工事費用
約45万円
施工事例

千葉市緑区あすみが丘にて強風で飛散した棟板金を交換

棟板金が飛散し、養生中
棟板金交換後
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム製棟包
築年数
築14年
建坪
保証
0年
工事費用
20万円
施工事例

八街市文違で強風被害を受けた化粧スレートの方形屋根の棟板金交換

棟板金交換前のスレート尾根
棟板金交換後のスレート屋根
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム製棟包
築年数
築14年
建坪
保証
工事費用