経年により防水シートに穴が開き雨漏りが発生|千葉市

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

千葉市中央区のお客様より「1階のトイレの人感センサーから雨漏りがするので点検してほしい」とご相談をいただき、調査を行いました。雨漏りが発生する原因は様々ありますので、発生箇所の小屋裏を確認する事が必須になります。小屋裏を確認する事で、雨水がどこから浸入してきたかを躯体に出来ている染みなどを見て特定する目的があります。小屋裏を確認すると、雨水は屋根から浸入し柱や梁などの躯体を伝っている形跡を発見しました。発生の原因としては、屋根から内部へ浸入した雨水がトイレの天井に落ち、暫く滞留した後、人感センサーの方へ流れて隙間からポタポタと漏れてきた事になります。早期対応を行わなければ躯体が腐食したり、センサーが故障してしまいます。これで雨水の浸入箇所が分かったので、屋根に上がり、発生箇所を特定します。
PB110858_R
PB110852_R
こちらのお客様邸の屋根材は瓦になります。先程、特定した箇所の上部にあたる瓦に破損等の不具合は見られません。不具合が見られないのに雨水が浸入している場合は、瓦の下に設置されている防水シートやルーフィングと呼ばれているものの状態を確認する必要があります。瓦を剥がして状態を確認すると防水シートに穴が開いているのを発見しました。防水シートは瓦などの屋根材の下にありますが経年と共に劣化していきます。一般的に15~20年の耐久性があると言われており、いくら高品質な屋根材でも防水シートに穴開きや亀裂などの寿命が来てしまえば雨漏りが発生してしまうのです。
PB110313_R
PB110312_R
PB110871_R-columns1
瓦を剥がした状態で小屋裏を確認すると光が漏れていますので、この穴から雨水が浸入しているという事で間違いありません。お客様には、発生箇所の写真を確認していただき原因のご説明と、防水紙を新規に交換する屋根葺き直し工事のご提案をしました。
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-989-936にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市中央区で遮熱塗料・ハイブリッド塗料を使用し屋根外壁塗装工事

PA070243_R
千葉市 屋根外壁塗装工事後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根塗装
 日本ペイント
 サーモアイSi
(クールナポリブラウン)
外壁塗装
 日本ペイント
 パーフェクトトップ
 (2階ND-155)
 (1階ND-376)
築年数
12年
建坪
保証
10年
工事費用
施工事例

千葉市中央区にて、パーフェクトシリーズで屋根・外壁塗装

DSC_5667_R
P7020005_R
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根塗装
 日本ペイント
 パーフェクトベスト
(ナポリブラウン)
外壁塗装
 日本ペイント
 パーフェクトトップ
 (2階ND-372)
 (1階ND-375)
築年数
18年
建坪
保証
10年
工事費用