瓦の割れを見つけたら早めにご相談を!|千葉市中央区

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

「庭に瓦の一部が落ちていた」「瓦の破片が落ちてきた」など瓦の一部が落ちてきたことで、ご自宅の屋根の状況が心配になり、業者に連絡して相談するという方は多いです。
実際に、街の屋根やさん千葉中央店にもこのようなご相談をいくつかいただきます。
今回も「瓦の一部が落ちていたけど、雨漏りが心配で…一度見てもらえないかしら」といったご相談がありました。
早速、連絡を頂いたお家に点検に伺います。

8c7035607d09989f9bfd2707b89766e1-columns1
実際にお家の屋根を点検したところ、瓦の割れがひどく目立ちます。
瓦が割れてしまっていると、雨が降った際に、雨水が瓦の下まで伝わり、雨漏りのリスクが高くなっていしまします。
ちなみに、瓦自体の寿命は約50年程と長く言われています。
ではなぜ、瓦が割れてしまうのか、皆様ご存知でしょうか。
瓦が割れてしまう原因には、屋根に設置してあるアンテナやパネルの修理時等に、誤って瓦を踏みつけてしまった、または梯子を掛ける際に誤って瓦が割れてしまったという事があります。
他にも、凍害による割れや自然災害による割れなどといった原因も多くあります。
今回点検に伺ったお家の瓦も、自然災害によるもので、台風や大雪での重みで瓦が割れてしまったなどの被害が近年頻繁に起こっています。
2f95a40a50f0e17ec6518792ad608bf3
bdb35c4668c9a64e7426dd9a40aae770
今回のお家のように、自然災害で瓦が割れてしまったという場合には、火災保険での修理をお勧めしています。
火災保険は火災だけでなく、強風や積雪、雹、落雷、土砂災害などの様々な自然災害に対応している保険です。
そのため、自然災害でお家に何かしらの不具合が出た場合には、火災保険を適用して修理をお願いすることが可能です。
ちなみに、強風での被害では、風災保障、大雪での被害では、雪災保証というもので保証が補償がされます。
しかし、瓦を踏んでしまって割ったなどの人的ミスや、瓦を固定するために使用されていた釘が錆びて膨張し、瓦が割れてしまったという場合には、火災保険は適用されませんので、ご注意ください。
街の屋根やさん千葉中央店では、屋根の点検や調査の他にも、自然災害で起こった屋根の不具合に対する火災保険の適用などのご相談も承っております。
屋根修理でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

275364c889657019dd9c3acb3a5c601c

八千代市で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「強風により瓦が割れたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。屋根に上がるとケラバ瓦が割れています。ケラバ部分は釘などで固定されているのですが、割れてしまい落下し...........