瓦のずれにより隙間ができた漆喰|千葉市若葉区

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

千葉市若葉区のお客様より「屋根の漆喰に穴が開いているので点検してほしい」とご相談をいただき、瓦屋根の漆喰調査を行いました。漆喰は雨水の浸入を防ぐ役割や棟瓦と屋根瓦を固定する接着剤の役割があります。穴が開いているというのはどのような状態なのかを屋根に上がって確認します。お客様にお伺いした部分を確認すると確かに穴が開いているように見えます。面戸の形状は保たれていましたので周辺の瓦を確認してみると屋根瓦がずれている事が分かりました。棟の不具合では面戸の漆喰が剥がれてしまい、屋根土が露出するケースが多いのですが、瓦のずれでも屋根土が露出する場合もあります。
DSC_6222_R
DSC_6259_R
瓦がずれている箇所はこの隅棟だけでしたが、このままですと風の影響により飛散する危険性や周囲の瓦と干渉する事により割れなどの被害を拡大させてしまう危険性があります。また、穴が開いている状態が続いてしまうと雨水が浸入し雨漏りが発生したり、躯体の腐食に繋がりますので早期対応が必要になります。お客様には今後、雨漏りや他の箇所にもずれなどの不具合が生じる可能性がある事から棟取り直し工事のご提案をしました。
P4300051_R
DSC_6226_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市緑区で軽量シルガードを使用し棟瓦取り直し・漆喰(しっくい)詰め直し工事

千葉市緑区 棟取り直し工事前
千葉市緑区 棟取り直し工事後
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
軽量シルガード
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
施工事例

八街市で、コーキング処理では止まらなかった雨漏りを棟瓦取り直しで解消

DSC_4707_R-1
22_R
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
なんばん漆喰
築年数
20年
建坪
保証
工事費用
施工事例

瓦屋根の風害、崩れた棟瓦を積み直す棟瓦取り直しで改善|千葉市稲毛区

DSC_3615_R-1
69102_R
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
軽量なんばん
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

強風により飛散した棟板金の交換工事|千葉市若葉区

DSC_4121_R-1
P1060049_R
工事内容
棟板金交換
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用