瓦が外れると雨漏りや事故に繋がります|千葉市花見川区


千葉市花見川区のお客様より「強風が吹いた次の日に瓦が外れているのを見つけたので屋根の点検をしてほしい」とご相談をいただき、瓦屋根の調査を行いました。お客様にご案内していただき屋根に上がると、外れた瓦は軒先で止まっていました。止まっていた場所には雨樋の集水器の部分にあたり、少しでもずれていたら地面に落下していたと考えられます。瓦が落下すると怪我をする危険性もありますので、直ちに元の場所に戻さなければなりません。また、このまま放置してしまうと瓦の下に設置されているルーフィングが傷んでしまい雨漏りに繋がります。瓦が外れた部分を確認すると隣り合っている瓦が破損していました。瓦は強風や地震の揺れなどにより、ずれたり外れたりしてしまいます。その際、瓦同士が干渉し合う事により割れなどの破損に繋がるのです。ですから、強風や突風、地震が発生した次の日は屋根を確認するよう心掛けましょう。
DSC_6345_R
DSC_6348_R
調査を続けると、瓦が外れていた部分近くの隅棟の鬼瓦台下部分の漆喰と、大棟と隅棟の取合い部分の漆喰が剥がれているのを発見しました。漆喰は瓦と瓦を固定する接着剤の役割をしており、漆喰が剥がれてしまう事で固定する力が低下し鬼瓦が落下したり、棟が崩れたりするなどの危険性に繋がります。また、剥がれた部分から雨水が建物内部へ浸入する危険性に繋がりますので早期対応が必要になります。調査の結果、瓦が外れた部分は1枚のみで、その他の不具合は瓦の破損が1枚と漆喰の剥がれが2箇所でした。お客様には必要な工事として、破損した瓦交換と漆喰が剥がれている部分の漆喰詰め直しのご提案をしました。
DSC_6341_R
DSC_6335_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

DSC_6349_R

千葉市中央区の「漆喰が無くなっている部分があるので補修してほしい」とご相談をいただいたお客様邸にて漆喰詰め直し工事を行ないました。詰め直しはする箇所は部分的に行い、鬼瓦エブリ台下と大棟と隅棟の接合部分の面戸1箇所になります。漆喰は建物内部へ...........

P3060043_R

千葉市中央区のお客様より「漆喰にひび割れがあるので見に来てほしい」とご相談をいただき、漆喰調査を行いました。その箇所をお客様にご案内していただくと、隅棟の漆喰がひび割れているのを発見しました。漆喰は棟の固定や瓦と瓦を接着する役目を担っており...........