瓦が外れるとルーフィングに影響が出ます|船橋市

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

ね船橋市のお客様より「瓦が庭に落ちていたので屋根を点検してほしい」とご相談をいただき瓦屋根の調査を行いました。落ちていた場所から推察し、屋根を調査すると軒先の一番端の瓦が外れているのを発見しました。落下した瓦はこの部分で間違いなさそうです。袖瓦は強風の影響を受けやすい場所にあたるのでコーキングで接着されていましたが、切れてしまい固定する力が弱くなった為、外れてしまったようです。袖瓦は外側からビスで固定されていますが、不安定な状態ですので早期対応が必要になります。
DSC_0827_R
DSC_0845_R
また、屋根に隙間が出来てしまったので、瓦の下に葺かれているルーフィングが紫外線や雨水に晒されてしまう事で劣化を早めてしまいます。放置してしまうとルーフィングに穴が開いたり捲れたりと不具合が発生し雨漏りに繋がりますので早期対応が必要になります。このような場合は、袖瓦を一度外して新規の瓦を差替えてから、外した袖瓦を戻す作業が必要になります。その他、瓦が外れた部分以外には不具合は見受けられませんでしたので、お客様には瓦の差替え工事のご提案を致しました。
DSC_0817_R
DSC_0820_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

四街道市でスーパーガルテクトによる葺き替え工事とラジカル制御型塗料での屋根塗装実施

スレート屋根の葺き替え前
スーパーガルテクトの葺き替え完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根塗装
使用素材
大屋根:スーパーガルテクト(Sシェイドチャコール) 下屋:ファインパーフェクトベスト(ダークグレー)
築年数
築35年
建坪
保証
葺き替え10年 塗装10年
工事費用