漆喰をコーキングで補修した部分の雨漏り|八街市


八街市のお客様より「瓦がずれて雨漏りが発生している。他の業者が漆喰をコーキングで補修したのですが、雨漏りが止まらないので一度屋根の点検をしてほしい」とご相談をいただき、瓦屋根の調査を行いました。コーキングは確かに防水機能などを備えており万能な材料ですが、漆喰や棟の土台となっている屋根土が風害や地震の揺れなどの影響を徐々に受けて傷んでいる事が雨漏りの原因になっているのようです。コーキング補修では雨漏りが止まらない状態です。固定している釘の浮きも顕著で、長期間この状態が続いていたことから錆も発生しています。この状態を放置してしまうと釘が抜けてしまったりと不具合の原因に繋がり丸瓦を固定する力も失われてしまいます。
DSC_4707_R
PC050109_R
調査を進めると、一階隅棟の屋根土が流れ出てきてしまっている部分を発見しました。本来、漆喰の内部にあるはずの屋根土が崩れてきています。このままですと、雨水や湿気などの水分を屋外から屋内へ吸収してしまい雨漏りの原因に繋がります。また、棟自体の固定力も低下していますので、崩れる危険性もあります。早期対応が必要です。お客様は当初、コーキング補修部分のみをご心配されていました。しかし、二階屋根だけではなく、一階屋根にも傷みが出ている事を写真と併せてご報告し、棟取り直し工事のご提案をしました。
PC050046_R
屋根土の露出
屋根の点検・調査、屋根工事のご相談は街の屋根やさん0120-989-936にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にご相談ください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

八千代市八千代台南でガイドライン工法による棟取り直しで屋根を軽量化

太陽熱温水器ありの棟取り直し前の瓦屋根
棟取り直し後の瓦屋根
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
乾式面戸ハイロール,パッキン付きステンレスビス
築年数
築25年
建坪
保証
無し
工事費用
約32万円
施工事例

四街道市みそらでガイドライン工法による棟取り直しで瓦屋根を軽量化

棟の面戸の漆喰が劣化
乾式工法で取り直された棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
樹脂製芯木,ハイロール
築年数
築22年
建坪
保証
無し
工事費用
約45万円
施工事例

八街市吉倉で瓦屋根の棟取り直しと軒天カバー工法で屋根廻りを刷新

棟がずれた瓦屋根
棟取り直しでずれを解消した瓦屋根
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟瓦取り直し
使用素材
軽量シルガード(棟取り直し)
ケイ酸カルシウム板(軒天)
ケンエースG-Ⅱ(軒天塗装)
築年数
築26年
建坪
保証
0年
工事費用
約30万円

同じ地域の施工事例

施工事例

八街市八街で継ぎ目のあるトタン屋根を部分的にウレタン防水工事

継ぎ目のあるトタン屋根
部分的にウレタン防水されたトタン屋根
工事内容
防水工事
使用素材
エバーコートZero-1
築年数
建坪
保証
無し
工事費用
詳しくはお尋ねください
施工事例

八街市吉倉で瓦屋根の棟取り直しと軒天カバー工法で屋根廻りを刷新

棟がずれた瓦屋根
棟取り直しでずれを解消した瓦屋根
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟瓦取り直し
使用素材
軽量シルガード(棟取り直し)
ケイ酸カルシウム板(軒天)
ケンエースG-Ⅱ(軒天塗装)
築年数
築26年
建坪
保証
0年
工事費用
約30万円
施工事例

八街市文違で強風被害を受けた化粧スレートの方形屋根の棟板金交換

棟板金交換前のスレート尾根
棟板金交換後のスレート屋根
工事内容
棟板金交換
使用素材
ガルバリウム製棟包
築年数
築14年
建坪
保証
工事費用