漆喰の詰め過ぎで雨漏り発生|千葉市花見川区

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

千葉市花見川区のお客様より「以前、雨漏りがしていたので他の業者に工事してもらったのだが、改善されないので調査してほしい」とご相談をいただき、瓦屋根の調査を行いました。屋根に上がりすぐ目に飛び込んできたのが大棟の漆喰です。漆喰が大棟の熨斗瓦よりはみ出しているのが確認できます。以前、雨漏りしていた箇所が大棟という事で、業者が漆喰を詰め増ししたそうです。漆喰はただ詰めれば良いという訳ではありません。漆喰は本来、熨斗瓦よりはみ出さないように雨仕舞が施されており、建物に雨水が浸入するのを防いだり、雨漏りを防いでいます。
DSC_3701_R
DSC_3710_R
詰め過ぎた事で熨斗瓦からはみ出してしまっている漆喰は、乾燥する前に雨水に濡れた為、下へと流れてしまったようです。直接、雨水に濡れた事と熨斗瓦の継目から侵入した雨水によりこのような状態になっています。染み込んだ水分は、棟の土台となる屋根土に吸収され、建物内へと浸入していき雨漏りが発生するので、雨仕舞をしないとこのような結果になってしまう訳です。漆喰を点検し、防水シートの点検に移ります。防水シートはルーフィングとも呼ばれており、屋根材の下に葺かれている二次防水の役割を担っているものです。これは屋根材から浸入した雨水を防ぐ為に葺かれており、建物内に雨水が浸入するのを防いでいます。瓦を剥がし防水シートの状態を確認すると小さい穴が開いているのを発見しました。この穴は、防水シートを留める為のタッカーの芯が劣化し、錆などにより無くなってしまった事による穴です。雨漏りの原因は、漆喰の詰め過ぎと防水シートの劣化によるものだと分かりました。防水シートの劣化は屋根の寿命、建物の寿命に関わりますので、お客様には調査の報告並びに瓦の劣化を考慮し屋根葺き替えのご提案をしました。
DSC_3729_R
DSC_3739_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさんにお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市緑区で軽量シルガードを使用し棟瓦取り直し・漆喰(しっくい)詰め直し工事

千葉市緑区 棟取り直し工事前
千葉市緑区 棟取り直し工事後
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
軽量シルガード
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
施工事例

八街市で、コーキング処理では止まらなかった雨漏りを棟瓦取り直しで解消

DSC_4707_R-1
22_R
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
なんばん漆喰
築年数
20年
建坪
保証
工事費用
施工事例

瓦屋根の風害、崩れた棟瓦を積み直す棟瓦取り直しで改善|千葉市稲毛区

DSC_3615_R-1
69102_R
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
軽量なんばん
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

8a91e99f225b6c51036dcf2c0ee1cf6d

千葉市緑区で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「強風が吹いた翌日に屋根を見たら、1階の棟の漆喰が剥がれているようなので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。屋根の棟部分は風の影響を受けやすく、強風や突風の被害...........