漆喰の厚塗りは傷みを早めます|千葉市花見川区

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

千葉市花見川区のお客様より「漆喰にひび割れや苔があるので点検してほしい」とご相談をいただき瓦屋根の調査を行いました。漆喰は屋根の内部に雨水が浸入しないよう防水の役割もしていますが、瓦と瓦を接着する重要な役割も担っています。屋根材や外壁と同じく漆喰も太陽光や紫外線、風雨の影響を受けております。また地震などの揺れの影響も受けますので、どうしても傷んでくる部分になります。ひび割れなどの劣化現象が起こると棟を固定する力が低下しますので、棟自体が歪んできてしまい台風などの強風や突風で崩れてしまいますので定期的に確認するよう心掛けましょう。
DSC_1498_R
DSC_1578_R
ひび割れ部分などから雨水が浸入し漆喰が水分を含んでいるので苔が発生してしまいます。漆喰は熨斗瓦の下に積まれており、熨斗瓦より飛び出さないように内側になければなりません。ですが、こちらのお客様邸の漆喰は何度が詰め増しされている為、熨斗瓦と同じ位まで厚く塗られています。厚く塗れば塗るほど雨水に当たる機会が増える事や、熨斗瓦を流れてきた雨水が熨斗瓦と熨斗瓦の継目の隙間から入り込み、屋根内部へと浸入しルーフィングを傷めてしまいます。ルーフィングが雨水の浸入を防いでいますので傷みが進行すると穴が開いてしまったりなどの不具合が発生し雨漏りが発生してしまいます。お客様には、現在の状態を説明し棟が歪んでいる事を伝え、棟取り直し工事のご提案をしました。
DSC_1575_R
DSC_1541_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市緑区で軽量シルガードを使用し棟瓦取り直し・漆喰(しっくい)詰め直し工事

千葉市緑区 棟取り直し工事前
千葉市緑区 棟取り直し工事後
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
軽量シルガード
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
施工事例

八街市で、コーキング処理では止まらなかった雨漏りを棟瓦取り直しで解消

DSC_4707_R-1
22_R
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
なんばん漆喰
築年数
20年
建坪
保証
工事費用
施工事例

瓦屋根の風害、崩れた棟瓦を積み直す棟瓦取り直しで改善|千葉市稲毛区

DSC_3615_R-1
69102_R
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
軽量なんばん
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

8a91e99f225b6c51036dcf2c0ee1cf6d

千葉市緑区で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「強風が吹いた翌日に屋根を見たら、1階の棟の漆喰が剥がれているようなので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。屋根の棟部分は風の影響を受けやすく、強風や突風の被害...........