漆喰の剥がれには適切な補修工事を行いましょう|千葉市中央区

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

「たまたま近くで屋根工事をしていたら、お宅の屋根の漆喰が剥がれていて気になったので点検をお勧めします」と業者から言われたので一度点検と修理のお見積りを出してほしい。
というご相談が本日ありました。
1社だけに見てもらうのは不安ということだったそうで、今回、街の屋根やさん千葉中央店にご相談をいただきました。
近所で屋根工事を行っているお家にお住まいの方は、こういった経験があるのではないでしょうか。
4851971d60f4b86ddffbef446ad0f1e3-1-columns1
今回、千葉市中央区にお家があるお客様の屋根状況を拝見したところ、確かに漆喰の剥がれが確認できました。
しかし、漆喰の剥がれは補修をしなければなりませんが、すぐに雨漏りに繋がるといった危険性はありません。
「漆喰が剥がれていて危険」「早めに補修しなければ雨漏りする」などといった言葉を受け、ついついその場で補修工事の契約をしてしまうといった方も少なくありません。
雨漏りがすぐに発生するわけでもないため、緊急性はありませんが、漆喰の剥がれが見られた場合には、そのまま放置せずに、適切な工事を行ってあげましょう。
また、漆喰の剥がれに対して、漆喰の上塗り工事を行う業者もいますが、漆喰の上塗りはかえって雨漏りを引き起こしてしまう可能性が出てきます。
漆喰の上塗りは表面だけが綺麗になっているだけですので、注意しましょう。
4042cf8ea80debf1b3182bbb74dde7db
04c2a41e38570778c8e81fbc3f5a1475
漆喰の補修工事には以下のようなものがあります。

・漆喰詰め直し工事
劣化してしまった漆喰を撤去し、新しく漆喰を塗っていきます。
劣化した漆喰を撤去した際に、コケや葺き土が濡れていた場合には、棟全体の補修が必要になってきます。

・棟瓦取り直し工事
ほとんど漆喰が残っていない場合など劣化の症状がひどいと、瓦が外れていたり、棟が歪んだりしてしまいます。
その場合は、棟瓦を取り直す工事が必要です。

今回ご相談いただいたお客様には、漆喰の詰め直し工事をおすすめいたしました。
漆喰のメンテナンス時期は、約10年ほどですが、台風や大雪などの影響もありますので、定期的に屋根の点検、調査をしてもらいましょう。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

275364c889657019dd9c3acb3a5c601c

八千代市で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「強風により瓦が割れたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。屋根に上がるとケラバ瓦が割れています。ケラバ部分は釘などで固定されているのですが、割れてしまい落下し...........