漆喰が剥がれ屋根土が露出すると雨漏りに繋がります|千葉市稲毛区


千葉市稲毛区のお客様より「漆喰が庭に落ちていたのを見つけたので、屋根がどのような状態か点検してほしい」とご相談をいただき、瓦屋根の調査を行いました。屋根に上がり点検を開始すると、漆喰が剥がれており屋根土が露出している部分を多数発見しました。漆喰が崩れている部分から雨水が染み込んでしまうと、内部へと浸入し雨漏りの原因に繋がります。また、この状態を放置してしまうと風や地震などの揺れの影響により、棟が崩れてしまい瓦が落下したり危険な事故に繋がります。その他にも棟の瓦が他の箇所の瓦を割ったり、割れた瓦が雨樋を詰まらせる原因にも繋がりますので早期対応が必要になります。
DSC_5083_R
漆喰の剥がれ
調査を進めると、棟瓦の冠瓦や熨斗瓦がずれているのを発見しました。冠瓦や熨斗瓦がずれてしまうと固定している銅線に負荷が掛かり銅線が切れてしまう原因にもなります。また棟自体が曲がっている部分も発見しました。棟瓦がずれているという事は、内部の土台になっている屋根土が経年の劣化により棟を固定する力を失っているサインでもあります。また、棟下の面戸の漆喰よりも、太陽光の紫外線や風などの影響を受けやすい鬼瓦廻りの漆喰は傷みの進行が早い部分になります。こちらの漆喰も剥がれてしまっているので、お客様には早期に補修する必要がある事を説明し、傷みの状態を考慮し、棟取り直し工事のご提案をしました。
DSC_5074_R
DSC_5059_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-989-936にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

八千代市八千代台南でガイドライン工法による棟取り直しで屋根を軽量化

太陽熱温水器ありの棟取り直し前の瓦屋根
棟取り直し後の瓦屋根
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
乾式面戸ハイロール,パッキン付きステンレスビス
築年数
築25年
建坪
保証
無し
工事費用
約32万円
施工事例

四街道市みそらでガイドライン工法による棟取り直しで瓦屋根を軽量化

棟の面戸の漆喰が劣化
乾式工法で取り直された棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
樹脂製芯木,ハイロール
築年数
築22年
建坪
保証
無し
工事費用
約45万円
施工事例

八街市吉倉で瓦屋根の棟取り直しと軒天カバー工法で屋根廻りを刷新

棟がずれた瓦屋根
棟取り直しでずれを解消した瓦屋根
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟瓦取り直し
使用素材
軽量シルガード(棟取り直し)
ケイ酸カルシウム板(軒天)
ケンエースG-Ⅱ(軒天塗装)
築年数
築26年
建坪
保証
0年
工事費用
約30万円

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市稲毛区宮野木町にて強風被害、剥がれた棟板金の交換を機に屋根塗装

b-33
棟板金交換と屋根塗装後の屋根
工事内容
棟板金交換
屋根塗装
足場
使用素材
ファインパーフェクトベスト
築年数
15 年
建坪
約28坪
保証
屋根塗装8年
工事費用
約45万円
施工事例

千葉市稲毛区黒砂で崩れた棟瓦を取り直して瓦屋根を復旧

大棟が崩れてしまった瓦屋根
棟取り直しで改善された瓦屋根
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
シルガード
築年数
24年
建坪
保証
工事費用
施工事例

千葉市稲毛区園生町でベランダ屋根を耐久性のあるポリカーボネート波板へ交換

ポリカ施工前
ポリカ施工後
工事内容
足場
使用素材
住友ベークライト ポリカーボネート波板
築年数
30年
建坪
6枚
保証
工事費用
¥34.000