洋瓦からアスファルトシングルへの屋根葺き替え|千葉市稲毛区


千葉市稲毛区にお住まいのお客様から「屋根から漆喰が落下してきて困っている」とご相談を受けました。築年数は20年程度ということで、瓦屋根ということですから、そろそろ漆喰が剥がれだしてきてもおかしくない頃です。点検に訪れてみると、洋瓦の屋根でした。
漆喰の剥がれ
棟瓦の釘の浮き
エンジ色の釉薬された洋瓦は割れもなく、健全そのものですが、漆喰が剥がれだしてきて屋根の上に飛び出してきている状態です。この冬の大雪後、「漆喰が落下してくるようになった」ということですから、おそらく剥がれだしていた漆喰が屋根の積雪で重みがかかり、接着していた面が全て剥がれだしてしまったのでしょう。洋瓦を固定している釘も飛び出していますし、かなり危険な状態です。この状態で地震が来たら… 瓦が落下してしまうことは目に見えています。
瓦の撤去
防水紙の設置
棟に歪みも出ていたので棟瓦を一旦全て外して並べなおす工事をご提案したところ、「以前から軽い屋根に興味があり、いい機会だから屋根葺き替えを行いたい」とのご要望です。しかも「これまで洋瓦だったので、同じく洋風なアスファルトシングルにしたい」とのことでした。お客様にお聞きしたところ、補修工事のお見積もりの金額が自分が決めていた額以上だったら屋根葺き替えを行うと決めいていたそうで、しかも写真を見たところ、思った以上に酷くてそれも理由の一つになったとのことでした。
アスファルトシングル貼り付け
アスファルトシングルへの屋根葺き替え完了
アスファルトシングルの特徴として屋根材のグラデーションによる陰影があります。上の画像を見てください。とても美しい屋根ですよね。また、瓦に較べれれば1平方メートルの重さは3分の1~4分の1ですから、地震の時に揺れにくいお住まいとなります。また、屋根材を釘と接着剤で固定しますので、ずれたり、落下する心配もありません。お客様は「これで地震の時も安心ね」とおっしゃっていました。

屋根のことは何でも街の屋根やさんにご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市花見川区横戸町で小屋根と外壁の取り合いの改修と銅屋根葺き替えで雨漏り解消

屋根と外壁の取り合い改修前
屋根と外壁の取り合い改修後
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
軽量なんばん,銅板
築年数
不明(かなり長い)
建坪
保証
工事費用
施工事例

千葉市花見川区天戸町の工場にてスレート葺き替え工事を行い雨漏りを改善

大波ケラバの破損
スレート葺き替え工事
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
工場・倉庫などの外装リフォーム
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

千葉市美浜区新港にて工場の明り取り波型スレートをポリカで張替

明り取りのスレート破損
ポリカ張替工事
工事内容
屋根葺き替え
工場・倉庫などの外装リフォーム
使用素材
ポリカーボネート製波板
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市稲毛区園生町で銅板の谷からの雨漏り、サビに強いガルバリウム鋼板で重ね張り工事

大谷
千葉市稲毛区園生町 工事
工事内容
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
40年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
40万円
施工事例

千葉市稲毛区小仲台にて屋根の一部を屋根カバー工事し、雨漏り解消

屋根カバー工法施工前のスレート屋根
屋根カバー工法施工後のスレート屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ヒランビー
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

千葉市稲毛区で強風で外れてしまった屋根棟板金の交換工事

千葉市稲毛区 棟板金の外れ
千葉市稲毛区 棟板金交換工事完了
工事内容
棟板金交換
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟瓦固定の鉄釘

棟瓦の調査を致しました。釘浮き、漆喰が劣化されています

セメント瓦の釘が腐食

屋根塗装工事のご依頼でした。セメント瓦の調査をし最善の工事をご提案いたします

千葉市花見川区作新台で瓦の割れを発見

千葉市花見川区作新台で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「隣のお家の方から瓦が割れていると言われたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。屋根の上は高所になりますので、普段から見える場所ではありません。です...........