棟板金は強風が吹いたら必ず確認しましょう|四街道市

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

四街道市のお客様より「強風が吹いた次の日に屋根を見上げたら、板金が飛んでしまったらしいので点検してほしい」とご相談をいただき、棟板金の調査を行いました。棟板金は屋根の一番高い場所にあるので強風や突風の影響を受けやすく、飛散する被害が多い部分になります。主に棟板金はスレート系の屋根に設置されており、棟と呼ばれる屋根と屋根が山状になる接合部分を覆っている部分になります。棟を板金で覆うので棟板金(または棟包み)と呼ばれます。飛散する被害が多い棟板金は、強風が吹いたら必ず確認する様にしてください。パタパタと揺れている場合や外れかけている場合などは早期に対応する事が必要です。飛散して近隣の住宅にご迷惑を掛ける恐れもありますし、事故に繋がる危険性もあるからです。
DSC_3424_R
DSC_3423_R
飛散した部分は棟板金と共に貫板も無くなっており化粧スレートも数枚飛散しています。化粧スレートの下にはルーフィング(防水シート)がありますが、放置してしまうと雨漏りに繋がりますので早期に棟板金を設置しなければなりません。雨水が内部へ浸入してしまうと、躯体を伝い雨漏りを発生させてしまうからです。また、躯体が腐食したり天井材が抜け落ちたりと被害が拡大する危険性にも繋がります。棟板金の飛散の原因の多くは棟板金を釘で留める為の貫板の劣化や、釘の浮きや錆などによるものです。経年により劣化した貫板や釘は固定する力が弱くなる為、強風や突風に晒されると飛散してしまうのです。お客様には、被害を拡大させない為にも早期に棟板金交換工事のご提案をしました。
DSC_3435_R
DSC_3433_R-1
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市稲毛区で強風で外れてしまった屋根棟板金の交換工事

千葉市稲毛区 棟板金の外れ
千葉市稲毛区 棟板金交換工事完了
工事内容
棟板金交換
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

習志野市で強風により剥がれた軒天化粧ベニヤを張替!タフモックで棟板金の下地も補強

軒天の剥がれ点検
軒天張替工事
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟板金交換
使用素材
軒天用化粧ベニヤ 樹脂製貫板タフモック
築年数
築40年以上
建坪
保証
工事費用
施工事例

強風により飛散した棟板金の交換工事|千葉市若葉区

DSC_4121_R-1
P1060049_R
工事内容
棟板金交換
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

四街道市で台風の影響により捲れた、屋根飾り煙突の板金交換工事

DSC_6977_R
工事完了
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
25年以上
建坪
保証
0年
工事費用
施工事例

四街道市でスーパーガルテクトによる葺き替え工事とラジカル制御型塗料での屋根塗装実施

スレート屋根の葺き替え前
スーパーガルテクトの葺き替え完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根塗装
使用素材
大屋根:スーパーガルテクト(Sシェイドチャコール) 下屋:ファインパーフェクトベスト(ダークグレー)
築年数
築35年
建坪
保証
葺き替え10年 塗装10年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

8db39fdf4bb7aab9006da24afb31fdd6-1

千葉市緑区で行った化粧スレート屋根の調査の様子をご紹介します。「台風による強風の影響で棟板金が飛散した。」と、お問い合わせをいただきました。棟板金は主にスレート屋根の頂点に設置している板金です。屋根材と屋根材の接合部分を覆うように設置されて...........