棟板金の飛散は雨漏りに繋がります|船橋市

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

船橋市のお客様より「屋根の板金が庭に落ちているので点検してほしい」とお問合せをいただき、屋根調査を行いました。お客様邸に到着し、落ちていた板金を拝見したところ棟板金だという事が分かりましたので、梯子を使い2階屋根に上ります。屋根に上がると飛散した部分を発見し、隅棟の棟板金だという事が分かりました。棟板金は主にスレート系の屋根を設置されている金属部分です。屋根と屋根が山状になる接合部分の頂点を棟と呼び、屋根材ではカバーできない場所になりますので、板金で覆います。棟を板金で覆うので棟板金と呼ばれるのです。屋根の頂上にあることから風害の影響を受けやすい為、強風や台風の被害に遭いやすい部分になります。また、棟板金は屋根の上にありますので定期的に確認し難い部分です。飛散した事に気付かず雨漏りが発生してから棟板金がない事に気付いた事例もありますので、台風や強風が発生した際に点検が出来ない場合は私たちにお気軽にお問合せ下さい。
DSC_2229_R
DSC_2241_R-1
棟板金の下地には貫板と呼ばれる木材を使用し、新築時には釘で棟板金と貫板を固定している事が多く、経年により風などの影響を受け続けていると、どうしても釘が浮いてきてしまいます。また、木材ですので経年により腐食などの劣化症状が発生してきます。その為、固定する力が低下してきますので強風などにより飛散してしまうのです。新規に棟板金を交換する際には、釘ではなくステンレス製ビス(SUSビス)で固定していきますので、抜け難く固定力も高いので耐久性が期待できます。雨水などの水分の浸入を防いだり、屋根材を固定するなどの大変重要な役割を担っていますので、飛散してしまうと雨漏りに繋がる危険性があります。屋根材の下には防水シートやルーフィングと呼ばれる下葺き材がありますので、飛散してすぐに雨漏りが発生する可能性は低いですが、早期に補修しないと雨漏りに繋がる危険性が高くなっていきます。お客様には貫板の腐食、釘の浮きや抜けが発生している事からメンテナンスとして全ての棟板金交換工事と、屋根材の塗膜が劣化し防水性が低下している事から屋根塗装工事のご提案をしました。
DSC_2272_R
DSC_2240_R-1
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-989-936にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市稲毛区で強風で外れてしまった屋根棟板金の交換工事

千葉市稲毛区 棟板金の外れ
千葉市稲毛区 棟板金交換工事完了
工事内容
棟板金交換
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

習志野市で強風により剥がれた軒天化粧ベニヤを張替!タフモックで棟板金の下地も補強

軒天の剥がれ点検
軒天張替工事
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟板金交換
使用素材
軒天用化粧ベニヤ 樹脂製貫板タフモック
築年数
築40年以上
建坪
保証
工事費用
施工事例

強風により飛散した棟板金の交換工事|千葉市若葉区

DSC_4121_R-1
P1060049_R
工事内容
棟板金交換
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

8db39fdf4bb7aab9006da24afb31fdd6-1

千葉市緑区で行った化粧スレート屋根の調査の様子をご紹介します。「台風による強風の影響で棟板金が飛散した。」と、お問い合わせをいただきました。棟板金は主にスレート屋根の頂点に設置している板金です。屋根材と屋根材の接合部分を覆うように設置されて...........