習志野市で棟板金が飛散してお困りだったお客様


習志野市のお客様より「棟板金が剥がれているので見に来てほしい。どうやら貫板も腐食しているようです」とご相談をいただき、化粧スレート屋根の棟板金調査を行いました。屋根に上がり棟部分を確認すると、棟板金が飛散しており、貫板が残っている状態です。棟というのは、三角形の形状の屋根の頂点部分にあたります。屋根材と屋根材が接合する部分を板金で覆い、雨水の浸入を防ぐ為に設置されているのですが、棟部分は風の影響を受けやすいので台風や強風、突風の被害を最も受ける部分になります。新築時には下地材の貫板に釘で板金を留め固定していますので、風や地震などの揺れの影響を受けると、徐々に釘が抜けてきます。また、下地材の貫板は木製ですので経年により劣化しますので釘を固定する力は弱くなってきます。また、使用している釘も経年により傷んで錆びてきますので更に飛散しやすくなるのです。
DSC_6660_R
DSC_6668_R
棟板金が飛散してしまうと化粧スレートに葺かれているルーフィングなどの防水シートが露出してしまいます。太陽光や紫外線、雨水などの影響を受けるとルーフィングがダメージを受け穴が開いたり捲れなどの不具合が発生し、雨漏りに繋がりますので早期に棟板金を設置する必要があります。飛散箇所以外にも傷みが見られ、指が入るほどの反りが発生している部分を発見しました。反りが見られると更に飛散する可能性が高くなります。また、反っている隙間から雨水が浸入し貫板の腐食やルーフィングの傷みに繋がる危険性がありますので、お客様には飛散した部分以外にも傷みが見られる事をご説明し全ての棟板金交換工事をご提案しました。
DSC_6682_R
DSC_6704_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

船橋市旭町にて樹脂製貫板を使用した棟板金交換工事を実施

棟板金飛散
棟板金交換
工事内容
棟板金交換
使用素材
プラスチック樹脂製貫板タフモック
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

八千代市上高野にて火災保険を利用して災害復旧(棟板金交換)工事を実施

棟板金飛散
棟板金交換工事
工事内容
棟板金交換
火災保険
使用素材
GL鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

千葉市花見川区検見川町にて強風で捲れてしまった棟板金を交換工事で改善

棟板金の剥がれ
棟板金交換工事完了
工事内容
棟板金交換
使用素材
樹脂製貫板、GL鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

習志野市本大久保のセカンドハウスにて2年前からお悩みの雨漏りをサイディング張替工事で改善

サイディング内部での雨漏り
サイディング張替工事
工事内容
雨漏り修理
使用素材
築年数
築8~9年
建坪
保証
工事費用
施工事例

習志野市実籾で棟のずれを棟瓦取り直しで改修、漆喰詰め直しも行いました

ずれている棟
棟取り直しで真っ直ぐに
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
軽量シルガード
築年数
23年
建坪
保証
工事費用
施工事例

習志野市鷺沼台にてディプロマットによる屋根カバー工法でアスベスト含有スレートを保護

f9aec1f2d3dfd59f7f0c88988c91c48a-4
屋根カバー工法完了
工事内容
屋根カバー工事
落葉除けネット設置
使用素材
ディプロマット(チャコール)
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟板金のサビ、穴あき

春一番で被害が出る前に調査、メンテナンスをご希望のお客様です

棟板金の浮き調査

台風被害で棟板金が浮いてしまったお客様です。火災保険で修繕ご希望でした