棟瓦取り直し工事が必要な葺き土露出と棟の歪み|千葉市若葉区


千葉市若葉区のお客様より「瓦屋根の漆喰が剥がれているのを見つけたので点検してほしい」とご相談をいただき、漆喰の調査を行いました。お客様に、どのような状況で発見したのかお伺いしたところ、下から屋根を見上げた際に隅棟の漆喰の剥がれを発見したとの事です。早速、梯子を使い屋根に上がり確認すると葺き土が露出していました。漆喰は古くから使われおり瓦と瓦を固定する接着材料で、隙間を埋めて防水する役割も担っています。ですから、漆喰が剥がれてしまう事により防水効果が失われた棟は、葺き土が雨水を吸収してしまい雨漏りに繋がる危険性があるのです。隅棟以外にも、葺き土の露出が見られ熨斗瓦と熨斗瓦の継目に隙間が生じ棟自体が歪んでいました。
DSC_5078_R
DSC_5081_R
漆喰が剥がれると固定する力が低下する為、熨斗瓦と熨斗瓦の継目に隙間が生じてしまいました。また鬼瓦や冠瓦にも影響が出ています。これらの隙間から雨水が浸入する危険性もありますのでこちらも要注意です。そして、更に固定する力が低下し強風や地震の揺れなどで瓦が飛散したり崩れる危険性があります。瓦は耐久年数が長く優れた屋根材ですが漆喰が先に劣化するケースが殆どで定期的にメンテナンスを行わなければ雨漏りや棟の崩壊に繋がりますのでご注意下さい。雨漏りが発生してしまうと建物内部に影響を及ぼし、躯体を傷めたり室内の天井が腐食したりと余計に補修費用が掛かってしまいます。ですから、お客様には漆喰の劣化が進んでおり固定する力や防水効果が低下している事から、棟の取り直し工事をご提案しました。
DSC_5061_R
DSC_5060_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

八千代市八千代台南でガイドライン工法による棟取り直しで屋根を軽量化

太陽熱温水器ありの棟取り直し前の瓦屋根
棟取り直し後の瓦屋根
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
乾式面戸ハイロール,パッキン付きステンレスビス
築年数
築25年
建坪
保証
無し
工事費用
約32万円
施工事例

四街道市みそらでガイドライン工法による棟取り直しで瓦屋根を軽量化

棟の面戸の漆喰が劣化
乾式工法で取り直された棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
樹脂製芯木,ハイロール
築年数
築22年
建坪
保証
無し
工事費用
約45万円
施工事例

八街市吉倉で瓦屋根の棟取り直しと軒天カバー工法で屋根廻りを刷新

棟がずれた瓦屋根
棟取り直しでずれを解消した瓦屋根
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟瓦取り直し
使用素材
軽量シルガード(棟取り直し)
ケイ酸カルシウム板(軒天)
ケンエースG-Ⅱ(軒天塗装)
築年数
築26年
建坪
保証
0年
工事費用
約30万円

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市若葉区若松町で漆喰の劣化で棟瓦落下の不安、棟取り直し工事で不安解消

棟瓦の歪み、工事前
棟取り直し工事後
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
シルガード漆喰
築年数
20年
建坪
棟10m
保証
工事費用
¥300.000
施工事例

千葉市若葉区みつわ台で雨漏りしているスレート屋根をスーパーガルテクトで屋根カバー工事

カバー工事前
カバー工事後
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根カバー工事
足場
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
20年
建坪
保証
10年
工事費用
¥1.700.000
施工事例

千葉市若葉区若松町でトタン屋根からサビに強いガルバリウム波板のカバー工事

b
a
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
ガルバリウム波板
築年数
40年
建坪
123㎡
保証
5年
工事費用
¥1.000.000