棟の歪みは雨漏りに繋がります|千葉市稲毛区


千葉市稲毛区のお客様より「漆喰が剥がれてきている。補修したいので点検してほしい」とご相談をいただき、瓦屋根の漆喰調査を行いました。7年前に漆喰を詰め増ししたとの事ですが、屋根に上がると漆喰のひび割れや剥がれなどの劣化が見られ、葺き土が露出しているのを発見しました。漆喰は瓦と瓦を固定する役割や雨水が浸入しないように防水の役割も担っていますので、このままの状態ですと雨水が葺き土に浸み込み、棟の固定する力が弱くなり強風や地震の揺れなどで崩れる危険性があります。また、浸み込んだ雨水が内部へと浸入し雨漏りに繋がりますので早期対応が必要になります。
DSC_2756_R
DSC_2746_R
漆喰の劣化が進行していますので、前述の通り瓦と瓦を固定する力が弱くなっています。その為、棟が歪んできているので棟の取り直し工事が必要になります。取り直し工事は、劣化した葺き土を撤去し土台も新しくする事で崩れる心配もなくなり、漆喰の劣化などの棟に起きている不具合を根本的に解決しますので、お客様には雨漏りが発生する前に行う事をご提案しました。
DSC_2743_R
DSC_2750_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

八千代市八千代台南でガイドライン工法による棟取り直しで屋根を軽量化

太陽熱温水器ありの棟取り直し前の瓦屋根
棟取り直し後の瓦屋根
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
乾式面戸ハイロール,パッキン付きステンレスビス
築年数
築25年
建坪
保証
無し
工事費用
約32万円
施工事例

四街道市みそらでガイドライン工法による棟取り直しで瓦屋根を軽量化

棟の面戸の漆喰が劣化
乾式工法で取り直された棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
樹脂製芯木,ハイロール
築年数
築22年
建坪
保証
無し
工事費用
約45万円
施工事例

八街市吉倉で瓦屋根の棟取り直しと軒天カバー工法で屋根廻りを刷新

棟がずれた瓦屋根
棟取り直しでずれを解消した瓦屋根
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟瓦取り直し
使用素材
軽量シルガード(棟取り直し)
ケイ酸カルシウム板(軒天)
ケンエースG-Ⅱ(軒天塗装)
築年数
築26年
建坪
保証
0年
工事費用
約30万円

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市稲毛区宮野木町にて強風被害、剥がれた棟板金の交換を機に屋根塗装

b-33
棟板金交換と屋根塗装後の屋根
工事内容
棟板金交換
屋根塗装
足場
使用素材
ファインパーフェクトベスト
築年数
15 年
建坪
約28坪
保証
屋根塗装8年
工事費用
約45万円
施工事例

千葉市稲毛区黒砂で崩れた棟瓦を取り直して瓦屋根を復旧

大棟が崩れてしまった瓦屋根
棟取り直しで改善された瓦屋根
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
シルガード
築年数
24年
建坪
保証
工事費用
施工事例

千葉市稲毛区園生町でベランダ屋根を耐久性のあるポリカーボネート波板へ交換

ポリカ施工前
ポリカ施工後
工事内容
足場
使用素材
住友ベークライト ポリカーボネート波板
築年数
30年
建坪
6枚
保証
工事費用
¥34.000